話題!「若返りビタミン」で心身はこう変わる

コンビニメニューなら肉魚、キノコ、豆に注目

キノコ類も、ナイアシンが豊富な食材の一つです(写真:kuro / PIXTA)

若返りのビタミンとして近年注目を集めている「ナイアシン」をご存じですか? 精神科医の著書などでは、10年以上前から「心の病」を治すビタミンとして紹介されてきましたが、近年の研究で、精神疾患だけでなく、加齢による老化や、傷ついた臓器・筋肉細胞の修復作用など、さまざまな“若返り”効果が明らかになっているのです。

若い世代のビジネスパーソンも、飲みすぎ・食べすぎや運動不足が原因で、臓器が傷ついたり、筋力が衰えたりしている可能性は少なくありません。今からナイアシンを摂取することは、老化防止につながるはずです。

マウスの臓器が若返った!

この連載の記事一覧はこちら

ナイアシンはビタミンB群の一種。「ニコチン酸」や「ニコチンアミド」などと総称されます。ちなみにタバコに含まれる「ニコチン」とは別物で、毒性がある物質ではありません。

ニコチンアミドの中には「ニコチンアミドモノヌクレオチド」という物質があり、2011年には、高齢のマウスにこれを投与したところ、糖尿病の回復傾向が見られたと報告されました。なんとそのマウスの臓器状態は、若い頃の状態にまで修復されていたということです。

また今年に入ってからも、スイス連邦工科大学からニコチンアミドの一種「ニコチンアミドリボシド」に関する研究報告があり、これを投与した高齢マウスの筋力が再生され、ほかのマウスより長生きしているため、筋肉の再活性化促進効果があるようだ、と発表されています。

次ページ不足するとダイエットの効率が下がる!?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。