解毒、造血、粘膜強化!旬のサンマの潜在力

気温の変化が激しい秋口にうってつけ

旬の今だからこそ効率的に得られる機能があります(写真:カドヤマ / PIXTA)

9~10月にかけ旬を迎えるサンマ。江戸時代から庶民に愛されてきた、栄養価豊富な魚です。

サンマは青背魚の一つとして、その脂にDHAやEPAが豊富に含まれることで有名ですが、乾燥肌や冷え予防、肝臓での解毒作用など、秋の不調予防につながる成分も含まれています。旬の時期だからこそ補いたい、サンマの豊富な栄養価について見ていきましょう。

DHA・EPAだけじゃない!サンマの底力

この連載の記事一覧はこちら

サンマは、その姿が刀に似ていることもあり、ご存じの通り漢字で「秋刀魚」と書かれます。三陸沖に10月頃に着くものが、脂が乗っていていちばんおいしいと言われています。

そんなサンマの脂肪酸にはDHAやEPAが豊富に含まれており、脳細胞を活性化させ、記憶力や集中力を高めることで知られています。そして、コレステロール値を低下させたり、血流をよくして高血圧やがんを予防する効果も期待できます。

旬のサンマには、文字通り「脂」が乗っているので、食べればDHAやEPAも豊富に摂取できることができます。この時期は脂肪酸の含有量が20%を超えるサンマもありますが、一方で旬の時期を過ぎ12月に入ると、その含有量は5%ほどまで低下していくのも特徴。サンマからDHAやEPAなどの脂肪酸を摂取するには、今の時期が最適なようですね。

次ページ注目したいコンビニメニューはコレ!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?