職場で好かれる人、嫌われる人の「5つの差」

その質問は余計です!

「聞く」とは、相手が勝手にしゃべるのを聞くことではなく、相手から話を引き出すことを指す(写真:Fast&Slow / PIXTA)
職場で好かれる人、嫌われる人はどこに差があるのでしょうか。どちらもいい人なのに、いつの間にか大きな差がついていることもあります。
そのポイントは話の「聞き方」であるかもしれません。『一緒にいて 疲れる人の話し方 楽な人の話し方』(KADOKAWA)の著者で、話し方の講師の代表的存在でもある野口敏氏から、教えてもらいましょう。

「聞く」とは相手の意図をはっきり引き出すこと

どんな人の心の中にも、話したいこと聞いてほしいことが充満しています。一見無口に見えるあの人でさえ、実はしっかり話を聞いてくれる人が現れたら、話すことは多々あり、その内容にはビジネスや人生にとって利益になることばかりかもしれません。

でもそれは、そう簡単に表に出てきませんよね。なぜなら、人は思っていることを何でも無防備に話す勇気を持っていないからです。

また人は、自分が持っている考えの全てを把握できているわけでもありません。漠然とした考えが心の中であちらこちらに散らばっていて、ひとつのアイデアとしてまとまっていないことも多いのです。

それらを自然に引き出して、はっきりとした考えに導くのが聞く力という訳です。

「聞く」とは、相手が勝手にしゃべるのを聞くことではなく、相手から話を引き出すことを指すのです。

1:質問から始めない

話を引き出すというと、質問のことかと思う人も多いはず。しかし質問は、相手の言いたいことを邪魔して、話の道筋をそらしてしまう結果になることもあるのです。

「この間、ちょっといい和食の店に行ったんだけどね」と話し始めた相手に、「ふーん、誰と行ったの?」と質問すると、相手は「会社の仲間と」とか「友達と」と答えなければなりません。さらに「ちょっといいお店って、一人いくらぐらいなの?」などと追い討ちをかけると、話はどんどんあらぬ方角へとずれていくことになります。

次ページ脱線し続ける会話の行き先は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。