2016年を絶対幸せにするたった一つの方法

チョコレート2000本分の幸福感が得られる?

チョコレート2000本分の幸せ醸成効果があると言われるその方法とは?(写真:Glucose / PIXTA)

いわゆる「マスメディアの記者」という部族には、愛想がよろしくない人も多い。そもそも、頭を下げてまで、金儲けをしたり、人におもねることを恥とする意識も強いので、ニコニコと人に応対する必要はないと思っている節がある。

筆者も御多分にもれず、新聞記者時代はかなり、不遜な態度だった。バブル期の誉れを忘れられない「セクハラ系おじさん」全盛期で、表面上はツンツンして、仲良くなると「デレデレ」甘える、いわゆる「ツンデレ」こそが、女性のモテの王道である、と信じていた。「第一印象は怖い人」と言われることが多く、そんな威圧感こそが記者の必須条件だと勝手に思い込んでもいた。

コミュ力の最強必殺技

この連載の過去記事はこちら

しかし、記者の道をあきらめ、PRの世界に足を踏み入れて、待っていたのは「金儲けのためにはプライドも捨てる」という現実社会だった。とはいえ、しみついた「不遜なにおい」はどんなにファブリーズしたところで、消えることはないようで、「態度がでかい」「冷たい感じ」という評価はあまり変わらなかったように思う。

そんな筆者がアメリカで、‟コミュ力修業”を積む中で、思い知ったことがあった。「自分はコミュ力の最強必殺技にまったく気づいていなかった!」ということである。その答えは、きっと多くの人が「当たり前じゃん」と鼻で笑うようなことなのだが、「ツンデレ一本やり」で来た筆者は気づいていなかったのだ(加齢とともに、「ツンデレ芸」が効かなくなり、路線変更が必要ではないか……と思い始めて、ようやくこの気づきに至った次第でもある)。

次ページ最強必殺技とは何か?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?