「地震で家屋倒壊」を生き延びる現実的な方法

命を守るための最低限の空間は確保できる

ベッドの周囲を補強した個人用「安心防災ベッド枠」

4月14日が前震、16日が本震となった、かつて例のない大規模活断層地震は、熊本、大分に甚大な被害を与えました。被災地では、多くの家屋、建物が倒壊して住民がその下敷きになり、特にお年寄りの方が逃げ遅れて亡くなられたという悲しいニュースも報じられています。

地震の度に思うのですが、耐震基準を満たしていない古い家屋の倒壊が目立ちます。耐震基準を満たしていない建物は全国で未だ2割もあるそうで、こうした建物の補強が必要になっています。

ただ補強が必要と一言で言われても、改修費用は数百万円単位でかかるので、おいそれとはできないのが現状ではないでしょうか。

多額の費用をかけない耐震補強の方法

そうした「耐震補強」を比較的安くできる方法を、前々から研究している企業があります。大阪ドーム近くに本社を構えるフジワラ産業の藤原充弘社長です。建物全体を耐震補強するのは大変ですが、取り敢えず寝室だけを補強して、睡眠中の圧死だけでも防げたら、と考えました。こうして生まれたのが、ベッドの周囲を補強した個人用「安心防災ベッド枠」です。

貴重品、家財等、大事なものはたくさんありますが、地震の際は、何をおいてもまず自分の命。その一点に着目することで費用の圧縮を図りました。

次ページ「安心防災ベッド枠」の価格は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。