資産運用ビジネスはAIの進化でどう変わるか

いずれ「AI同士」の戦いが起こるかもしれない

グーグルの囲碁AI(人工知能)とプロ棋士とが対戦。最終戦はAIが勝利した(写真:AP/アフロ)
1月19日に世界経済フォーラムが発表した分析報告書、「ザ・フューチャー・オブ・ジョブズ」によると、東京でオリンピックが開催される2020年には、世界15カ国・地域において、約510万人が職を失うという衝撃的な内容が書かれていました。もう大半の方は察していると思いますが、その背景にあるのは、ディープラーニングやビッグデータに支えられたAI(人口知能)の技術です。はたして、投資の世界において、AIは人間の判断を上回ることができるのでしょうか。

 

藤野:この間、アルファ碁という囲碁AIと、韓国のプロ棋士イ・セドル九段が、囲碁の五番勝負をやって、アルファ碁君が4勝1敗で圧勝したんですよ。囲碁はチェスに比べてはるかに打ち手が多いだけに、AIをもってしても、人間の頭脳に勝つには10年かかると言われていたのですが、あっという間に人間を追い抜く時が来てしまった。

中野:でも、1敗は喫したのですね。

人間の奇想天外な一手がAIを動揺させた

この連載の過去記事はこちら

藤野:これがまた面白くて、イ・セドル九段が、いわゆる「神の一手」を打ったわけです。そうしたら、アルファ碁の中で何かが起こったのでしょうね。AIが動揺して、ミスを連発したのです。最終的には微差でしたが、アルファ碁が第4局を落としたのです。

中野:コンピュータって、一度外すとドツボにはまります。

藤野:まさに人間が奇想天外な一手を打ったわけです。それが、グーグルの英知を集めて作った囲碁AIを狂わせたのです。

次ページゲームと投資では異なるかもしれないが…
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。