あの「お気楽」上司が成果を出し続けるワケ

優れたリーダーはいつも「力まず、ゆるい」

宇貝の悩み③:窮屈な部下との関係

中嶋君自体も楽しくないんじゃない?

宇貝はい、部下が私の顔色をうかがっているので、窮屈です。それに、率先垂範しないといけないと思いますから。

中嶋大きな勘違いだね(笑)。

宇貝勘違い?

中嶋「率先垂範」なんて、明治時代でもあるまいに。「部下が手本としたがる」のはよいけど、手本にしたくない上司の「率先垂範」は無意味だろう。しかも、その緊張感が部下を緊張させるんだから。

宇貝う~ん。同意しにくいです。

中嶋君も部下も、もっとリラックスして力を発揮すればいいのに。しかも、君はその素質を持っていると思うよ。

宇貝「お気楽」ってことですか?

中嶋「率先垂範」しても、たかがしれているってこともね(笑)。

上司は頼りないくらいがちょうどいい

解説Ⅲ 上司の力みは伝染する

過度に緊張した人が職場にいると、周りの人は、その人への対応に神経を使います。それが上司であれば、部下は大変です。パワハラもどきをやり過ごす方法に四苦八苦します。その結果、職場にギクシャクとした対人関係が生まれ、楽しさや明るさが失われてしまいます。つまり、管理者の力みは伝染病なのです。

そこで大切なのは、部下がリラックスでき、仕事に集中できるような課長であること。冗談が言える「お気楽課長」、部下が助けたくなる「頼りない課長」であることが大切なわけです。お気楽で頼りなく、しかし尊敬できる何かを持っている上司は、部下を自律的にさせるのです。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
異色対談 伊藤邦雄×村上世彰<br>ROE8%達成で日本を変えろ

ROE8%達成を求めた企業統治改革の指針「伊藤リポート」で知られる伊藤邦雄教授。企業と敵対し、社会に拒絶された「村上ファンド」の村上世彰元代表。両者に相通ずるものとは?