有料会員限定

中国の拡張主義 大ヒット愛国映画『戦狼』に見る

印刷
A
A

アフリカを重視する中国政府の姿勢が如実に見える一方でほころびも。

世界の歴代映画興行収入トップ100に、アジア映画で唯一ランクインしている作品。それが『戦狼/ウルフ・オブ・ウォー』(原題は『戦狼2/Wolf Warrior II』)だ。日本最大のヒット映画『千と千尋の神隠し』の3倍超に達している。

特集「中国の拡張主義」の他の記事を読む

2017年、中国の映画市場は前年比13%増の559億元(約9700億円)へ拡大した。12年に世界2位となり、以後は北米市場(17年は約1兆2500億円)との差を詰めている(米ボックス・オフィス・モジョ調べ)。

昨年の高成長の立役者が『戦狼2』だ。56.8億元(約980億円)のメガヒット。これまでの中国市場首位『美人魚』(邦題は『人魚姫』)の33.9億元(約590億円)を大きく更新した。

『戦狼2』の監督・主演はウー・ジン氏。6歳からカンフーを学び、その後アクション俳優に転じた。15年の前作『戦狼1』が興行収入5.4億元(約94億円)のスマッシュヒットを飛ばし、一躍スターとなった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内