シリーズ 働き方改革 新時代のリーダーたちへ Sponsored by Dropbox

建設現場における「生産性向上」の方向性

シリーズ働き方改革~建設業界編~セミナーレポート

パートナーセッション
建設業向けDropbox連携ソリューションのご紹介

Dropbox Japan
ビジネスディベロップメントリード
佐野 健氏

Dropbox Japanの佐野健氏は、「Dropbox Business」と連携する建設業向けソリューションを紹介した。

オートデスクの設計ソフト、「AutoCAD」はDropboxでプレビューが可能。現場写真に説明を挿入する電子小黒板、ダットジャパンの「現場DEカメラ」はDropboxに写真を直接保存できる。写真帳作成業務BPOのトランスコスモス「証助BPO」は、Dropboxを介してBPOセンターと連携。日本オラクルのプロジェクト管理ソフト「Aconex」は共同作業を効率化。フォトラクションの生産性支援クラウドはDropboxでデータ管理する。

今後は、L is Bの「direct」、ワークスモバイルジャパンの「LINE WORKS」が、ビジネスチャットのトーク画面からDropbox上のファイル共有機能を予定。工事写真台帳作成アプリの太陽工業「ミライ工事2」、ワイズ「PhotoManager」も、Dropboxに写真保存を可能にする。YSLソリューションの建設図書管理サービス、「CheX」も同期ツール利用から直接連携に変更する予定。「Dropboxと直接連携することで各社のアプリの使い勝手は、さらによくなる」と述べた。

事例パネルディスカッション
株式会社淺沼組の生産性向上と働き方改革の取り組み

淺沼組
本社建築事業本部
建築技術部
課長
大沼 章氏

建設業向け図面管理・情報共有システム、「SPIDERPLUS」を提供するレゴリスの山口武士氏と、ITツールを導入して働き方改革を進める大阪の中堅ゼネコン、淺沼組の大沼章氏が登壇。

レゴリス
マーケティング部
部長
山口 武士氏

山口氏は、タブレット端末で図面を確認、現場写真整理の手間も大幅に減らす「SPIDERPLUS」の機能を紹介。顧客企業の要望から、年内には「Dropbox Business」上のファイルを閲覧できる連携を完了させ「今後も要望に応えて機能を充実させたい」と述べた。

大沼氏は現場の作業所スタッフの意見を受けて「SPIDERPLUS」を採用した経緯を説明。写真撮影やデータ整理作業を効率化でき、操作性も優れていることから、現場の職人や協力会社もITに関心を寄せるきっかけになったと評価した。携帯端末と併せて全社導入したDropboxも、先行して使い始めたユーザーが、周囲に使い方を教えることで普及が進んでいると分析。テクノロジーの進化で利便性を急速に高めているITツールが「働き方改革に向けたよい機会を与えてくれている」と語った。

モデレーターの佐野氏は「オープンプラットフォーム戦略で、ベンダー間の連携を進め、皆さんの生産性と使い勝手のさらなる向上を目指したい」とまとめた。

アライアンスパートナー一覧