便利なクラウドの裏に隠れた「3つのコスト」

忘れられがちなコストの見通し、使い勝手…

隠れたコスト2:クラウドではないベアメタル、使い勝手の悪いベアメタルもある

ベアメタルを利用できるクラウドの中には、1年以上の長期間契約が前提となっているものや、大きな初期設定費用がかかるもの、注文してもすぐに利用開始とならないもの、リソースの縮小ができないもの、数世代前のCPUしかないものなど、さまざまな「リスク」が存在している。一部には、物理サーバーの管理者権限が提供されないなど使い勝手の良くないベアメタルもある。柔軟な構成が取れる「クラウドなベアメタル」こそ、有力な選択肢なのである。

メリット3:セキュリティーサービスが豊富で、運用の手間が少ない

クラウドの便利な環境は、悪意あるユーザーにとって格好の攻撃対象になりうる。この課題に対して今では、多段階で防御できるサービスが豊富に用意されている。自社に合ったものを選択するだけで効率的に使え、運用の手間を削減できるのは、クラウドならではの長所である。

またクラウド上には、自動的にクラウドサーバーの台数を増減させる機能が備わっているものが多い。負荷状況の予想がしにくいアプリケーションこそ、クラウド上での実装が必要だ。

隠れたコスト3:積み重ねると費用もかさむ、追加オプション

セキュリティー強化のための各種サービスは、追加オプションとして用意されているものが多い。そのため、必要な機能を1つずつ適用していくと、かなり高額な月額費用になってしまうケースも多い。とくに、利用しているクラウド上で未提供のセキュリティーサービスは、個別に外部導入する必要があり、コスト増の要因となるため要注意だ。

IBM Cloud 3つの特長

クラウドの使い勝手の良さをそのままに、上記のような「裏に隠れたコスト」を最小化できるのが、「IBM Cloud」である。その特長は3つある。

まずは、コストを抑えられること。AZ間通信、データセンター間通信ともに無償で利用でき、予想外のコスト増の懸念なく本当に必要なシステムを存分に利用できるのだ。さらに、ベアメタルの最低利用期間を1時間、1カ月、1年、3年の4パターンから選べて、企業ITの予算計画にも合わせやすい。

2つ目は、クラウド上の豊富なサーバー・ラインナップだ。選択肢が増えることで、例えばクラウドにデータを移行するとき、オンプレミスで利用しているシステムと同じような、つまり自社の状況に合わせたシステム構成を組めるようになる。また、システムを変更する場合にも最適な構成へ調整しやすくなるため、長期的に使用できる。

3つ目は、堅牢なセキュリティーを簡単に実装できること。高速で安全なセキュリティーサービスがそろっており、適用したいものを選択していくだけで、セキュリティーをしっかりと強化できる。とくに「Cloud Internet Services(CIS)」というサービスを利用すると、最低月額3万円(税別)で、セキュリティー強化のための追加コストを大幅に削減できる。

クラウドは便利になる一方で、コモディティー化も進んでいる。クラウドベンダーは、必死に差別化を打ち出そうとしている状況だ。だからこそ、「メリットの裏に隠れた3つのコスト」をしっかりと把握してほしい。

お問い合わせ
日本アイ・ビー・エム
  • 0120-550-210
  • 受付時間:9時~17時(土、日、祝日を除く)
関連ページ
1.アベイラビリティ・ゾーン (AZ)
2.ベアメタル
3.Cloud Internet Services (CIS)
4.メリットの裏に隠れた3つのコスト(完全版)