信用の総量を増やし顧客に利あるサービス提供 「au WALLET スマートローン」とは

顧客メリットを徹底的に追求した先に

― 今年4月からスタートした小額ローン「au WALLET スマートローン」の特徴を教えてください。

石月 本サービスは、KDDIが掲げている「スマートマネー構想」、つまりスマートフォンをお財布代わりとし生活の基盤とする構想の一翼を担うものだと位置づけています。

「au WALLET スマートローン」は、すべての手続きをスマートフォンで完結できることが特長だ

特徴としては、お申し込みからお借り入れまでをスマートフォンで完結、24時間、365日ご利用可能で、紙での郵送物は原則ありません。急な出費にも、スマートフォンがあれば、いつでもどこでもお借り入れすることができます。ご利用可能額も1~50万円と小額に設定しており、使いすぎのリスクも軽減するようにしております。本サービスの最大の特徴は、お借り入れ金を「au WALLET 残高」にチャージすることができる点です。チャージした残高を「au WALLET プリペイドカード」やこの4月にKDDIが提供を開始したQRコードを使った決済「au PAY」でご利用いただくことができます。日常の必需品購入やお食事のシーン等でそれら決済手段を使っていただくことで、「au WALLET ポイント」を貯めることができ、その貯まったポイントを再度消費に回していただくことができます。

本サービスでは、ただお金を貸すだけでなく、お客さまが実際にお金を使うタイミングに加え、使った後もメリットを感じて頂ける設計となっており、さらにKDDIグループの技術を活用したマーケティングにより、お借り入れを検討している方へ最適なタイミングでオファーを出すこともでき、使い方によっては、ポイントが貯まるサービス設定となっていることが特徴ですね。

金融と通信の融合で更なる事業拡大

― 今年4月に御社をはじめ、KDDIグループの金融関連会社が結集し、新たな金融持株会社auフィナンシャルホールディングスが発足しましたね。

石月 KDDIグループは、携帯キャリアの中でも比較的早くから金融分野へ進出し、積極的に事業展開を行ってきました。今回、金融持株会社が発足したことで、各社の事業経験を集約した新たな金融サービスの開発体制も整備され、KDDIグループが保有する金融ソリューションを一気通貫でお客さまへ提供することが可能となりました。通信系の金融会社として、これまでにない金融サービスをチャレンジ精神のあるグループ各社のメンバーと共同で創り上げていきたいと考えています。

― 今後は、どのような事業展開を考えていますか。

石月 私は、信用の総量を増やすことが人々の生活を豊かにすると信じています。そのためには、あらゆる可能性を追求し与信モデルを高度化していく必要がある。そして、そのスコアリングモデルを基点に新たなサービスを創造し、多くの方に届ける必要があるでしょう。

企業理念である「信用を通じ人々の生活に資する」の下、KDDIグループの一員としてauのお客さまにより良いサービスを提供することはもちろんのこと、今後はau以外をご利用のお客さまも視野にいれていきたい、国内にとどまらず海外にも目を向けてみたいと考えています。われわれの提供した信用が人々を豊かにし新たな信用が創造される、そんな連鎖をつくれるよう今後も努力する所存です。

お問い合わせ
KDDIフィナンシャルサービス