エアコン「5月から使うが正解」の決定的な理由

いつからつける?おすすめの使い方は?

去年の“災害レベルの暑さ”を覚えているだろうか。あのうだるような夏本番まで、今年もあと少し。いかに少しでも涼しく、「安全かつ快適」に猛暑を乗り切るか? そのコツの1つとなるのが「エアコンの試運転」だ。暑くなってからで大丈夫だろう、と甘くみていると、のちに痛い目をみることにもなりかねない。正しくは、いつからどんなやり方で試運転をするべきなのか、解決策を探った。

7月頭ごろ、いざ暑さを感じ始めたタイミングで、さあエアコンのスイッチをオン。しかしなぜか冷風が出てこない、なんとなく去年よりも効きが悪い気がする、もしかして壊れてしまったのか……? と焦った経験がある人も多いのでは。こうしたリスクを防ぐため、「まず有効なのが『エアコンの試運転』です」と語るのは、ダイキン工業 サービス本部の水倉忠幸氏だ。

水倉忠幸
ダイキン工業 サービス本部
企画部 フィールド技術グループ
グループリーダー

「エアコンに関するお客様からの問い合わせが集中するのは、例年7月です。真夏にもできるだけお待たせしないよう、修理受付窓口の人員を増やしたり修理用部品を準備するなど、ヒト・モノの両面で対応を強化しています。しかしそれでも、ピーク時には問い合わせから対応まで通常よりもお待たせしてしまうのが現状です」と悔しさをにじませる。

とくにエアコンを買い替える場合、扇風機などと違い、設置工事が必要となる。新しいエアコンそのものは用意できても、工事に赴く人手を確保できなければ、実際にエアコンを使える状態が整うまで長い時間を要してしまう。そのため早めにエアコンの試運転を行い、故障や買い替えといった事態にもゆとりをもって備えておくことが重要なのだ。

この連載ページはこちら

「試運転をすることで『真夏にエアコン無し』という恐ろしい状態を極力回避していただきたい。また半年ほど使っていない状態から、気温の高い時期にいきなりエアコンを使うと、エアコン本体に大きな負荷がかかってしまうのも問題です。さほど気温の高くない、5月といった早い時期に一度試運転しておくことで、エアコンへの負荷が抑えられ、ひいてはエアコンの寿命を長く保つことにもつながります」(水倉氏)

正しく知っておきたい「試運転」のやり方

では、正しい「試運転のやり方」とは具体的にどんなものだろうか。ダイキンから示されている、正式な方法はこちらの通りだ。

①運転モードを「冷房」にして、温度を最低温度(16~18℃)に設定。
 その後10分程度運転する
②冷風がきちんと出ているか、異常を示すランプが点滅していないか確認する
③さらに30分程度(目安)運転し、室内機から水漏れがないか確認する
④異臭や異音がしないか確認する

なお、ユーザーからシーズン当初に寄せられる問い合わせのうち、「だいたい3割ほどは、お客様自身で解決できる事象です」と水倉氏は語る。例えば、エアコンの電源が入らないと思ったらリモコンの電池切れだった、コンセントから電源が抜けていた、冷房モードにしていなかった、など。

当然、自分で解決すれば、メーカーに修理依頼するより時間もコストも抑えられる。一刻も早くエアコンを復旧させたいユーザーには願ったりかなったりだ。逆に、下記のような状態であれば故障の可能性が高い。販売店やメーカーに連絡するか、または買い替えを検討しよう。

ダイキンは3年前から「スイッチオン!キャンペーン」と銘打って、本格的な夏を迎える前にエアコンの試運転をする重要性を啓発している。とにかくユーザーを待たせる時間を減らし、必要な時期に不都合なく使える環境を整えなければならないという思いからだ。

「冬場にストーブを使う時、一般常識として、一酸化炭素中毒を防止するためにときどき換気をしますよね。それと同様に、夏にエアコンを使うすべての人に、早い時期からの試運転が必要だ!という認識を広めたい。そうした文化を率先して作り出し、世界中のユーザーに安全かつ快適に過ごしてもらうことは、空調専業メーカーとしての責任だと考えています」(水倉氏)

次ページ医師が語る「注目すべきは温度だけじゃない」
関連ページAD
お問い合わせ
ダイキン工業
連載ページはこちら