行為ではなく成果に対価を支払う英語研修

英会話レッスンの概念を変える

下又氏は「オンライン完結とはいうものの、大切な従業員の方を4カ月間お預かりする以上、英語を話せるようにしてお返ししたい。そのために成果保証型としており、レベルアップすることができなかった場合は、できるまで必要なプログラムを※1無償で提供することにしています」

実際のところ既存の卒業生は全員最低保証ラインを楽に超えているという。「何年通ってもなかなか話せるようにならない」ということは従業員を送り出す側の企業にとっても望ましくない。その点で、4カ月間での卒業を目指す「スマートメソッド®コース」であれば、直近の海外赴任予定者はもとより、管理職候補生などの中長期的な研修計画も立てやすいだろう。

受講者のモチベーションを維持するのは成功体験

レアジョブ英会話の「スマートメソッド®コース」は、オンライン完結型ならではの、通学型研修に比べればリーズナブルな料金設定にも特色がある。しかしいくら価格が安くても、社員の英会話力が上がらなければ投資としては失敗になってしまう。実際にレアジョブ英会話のスマートメソッド®コース採用を決定した企業に聞くと、理由は価格よりも、成果保証という「失敗しない安心」だという。

そしてレベルが上がることこそが結果的に「モチベーションの維持」につながり、脱落防止へとつながるのだという。

深井氏は次のように話す。「いちばん大切なのは励まされることよりも、成功体験です。短期間で効率的に学習するために、弱点を分析し、集中的に改善させていきますので※3、最初はしんどいかもしれません。でもそこを乗り越えて小さな成功体験を味わえば、人は自分を信じて頑張れるのです」

※3 CEFRで定義されているスピーキング評価の観点の6項目の指標に基づき、個人に最適化された学習効果を実現する

下又氏は「私は英語教育ビジネスに長年携わっていますが、ここまで短期間で成果を出すことにこだわったメソッドはないと自負しています」と自信を見せる。

英語を教える行為にではなく、「スピーキングの力が上がった価値」に対して研修費を支払うという、これまでの英語研修に疑問を感じていた人事教育担当者にとっても、導入成果を堂々と経営層に報告できるプログラムが誕生したといえる。日本企業の英語教育の将来を変える可能性のある新たな取り組みに期待したい。

事例紹介 パーソルテクノロジースタッフ

パーソルテクノロジースタッフ
IT事業本部 技術統括部
第1技術部 部長
大久保 直樹

最初、英語のスキルに対して「成果保証」というのはピンときませんでした。一方で国際的な規格に基づいて、わざわざ英会話力を「成果保証」するという事は、自信の裏返しなのだろうなと。

また「受講者の学習習慣化」ということを考えると、短期詰め込み学習より1日1~1.5時間×4カ月という線が、業務と同時並行できる現実的なラインだなと感じました。さらに、場所を選ばずどこの拠点のスタッフもオンライン上で完結できるという事で、すべての要件をそろえているのがレアジョブさんのスマートメソッドコースでした。

先月、受講した1名が無事卒業したのですが、レベルはなんと3ランクアップしており、「自分の英会話力がこの4カ月で大きく上がった事を実感している」とフィードバックがありました。その社員は大手メーカー系SIerでインフラエンジニアとして活躍しているのですが、さらに任される業務領域を増やしたいとのことで、本人のキャリアにもよい影響を与えられたかなと感じております。

  • ※1 成果保証について:レアジョブが定める受講基準を満たしていたにも関わらず、成果を得られなかった場合、これまでの受講状況を鑑みた上で、本サービスのうち必要と判断される学習プログラムを無償で提供いたします。
  • ※2 CEFR(Common European Framework of Reference for Languages)
    語学のコミュニケーション能力別のレベルを示す国際標準規格。「スマートメソッド®」では、CEFRを日本の英語教育に応用すべくCEFR-Jを開発した東京外国語大学 投野由紀夫教授の監修のもと、CEFRで定義されるスピーキング評価の観点と呼ばれる「表現の幅」「正確さ」「流暢さ」「やりとり」「一貫性」「音韻」の6項目について、生徒一人ひとりに「どれが足りているのか」「不足しているのか」を細かく分析し、一人ひとりに合った指導・評価を行っている。
お問い合わせ
レアジョブ英会話 法⼈向けサービス
  • 03-5778-4310(法⼈代表)
事例企業紹介
今求められるのは、英語力の高いエンジニア
パーソルテクノロジースタッフが
採用した解決策とは?
関連ページ
"ビジネス"の現場で本当に役立つ英語力を