「消費増税対応から経営改善まで」強力サポート

1万人超の税理士・会計士集団だから安心

さらに会社を成長させるには、自社の業績を把握し、次の打ち手を迅速に実行することが不可欠だ。その実現を支援するのがTKCのクラウド型会計情報システム「FX4クラウド」だ。全国の1万人超の税理士・会計士の組織「TKC全国会」の手厚いサポートにも定評がある。

業績管理体制を強化し成長に導く「FX4クラウド」

中小企業庁の「中小企業白書2018」によれば、2014年時点の企業(事業者)数は全体で382万者。そのうち99.7%にあたる381万者が、中堅中小企業だという。「こうした日本経済を支える中堅中小企業の存続・発展を支援するために、当社およびTKC全国会は誕生しました」と話すのは、TKC・代表取締役専務執行役員の飯塚真規氏だ。

代表取締役
専務執行役員
会計事務所事業部長
飯塚真規

TKC全国会は、税理士および公認会計士の組織で、会員数は約1万1200人、名実ともに国内最大級の職業会計士集団である。「会計で会社を強くする」を旗印に、関与先企業の「経営改善」にかねて力を入れてきた。

国税庁の調査によれば、日本の企業の65%が赤字とされており、特に中堅中小企業にとっては厳しい経営環境が続いているという。黒字決算への転換が大きな課題となっているが、会計データを経営に役立てられていない中堅企業の経営者も少なくない。

「部門別、商品別に業績を管理するだけでも、どこが儲かっているのか、どこに力を入れるべきかが見えてきます。TKC全国会に所属する税理士や公認会計士は、そうした数字を中堅中小企業の経営者が把握して意思決定できるよう、業績管理体制の構築を支援しています。その結果、TKC会員の関与先企業の約60%が黒字経営となっています」と飯塚氏は話す。

一般的な企業とTKC会員の関与先企業とで赤字企業と黒字企業の割合が逆転しているのは注目すべき点だろう。その理由はどこにあるのか。

「中堅中小企業では、会計データを基礎とした業績管理が十分でないところが多く、それだけ改善の余地が大きいのです」(飯塚氏)

業績管理体制の構築には、それを可視化できるツールが不可欠だ。そこで頼りになるのがTKCの「FXシリーズ」である。年商5000万円未満の小規模企業から、年商50億円~500億円の中堅企業まで、さまざまな業種業態の企業約26万社で利用されている。「FXシリーズ」の中で、年商5億円~50億円の中堅企業を対象とするのがクラウド型統合会計情報システム「FX4クラウド」だ。

「企業規模に応じて、求められる会計の仕組みは異なります。『FX4クラウド』は、社内の業績管理体制を構築し、社長がマネジメントする仕組みを導入できるシステムです。さらなる成長を目指したい企業に必要な機能が充実しています」(飯塚氏)

次ページ混在する複数の税率への対応も万全
資料請求
お問い合わせ
TKC
  • 〒320-8644栃木県宇都宮市鶴田町1758番地
  • 028-648-2111
関連ページ
大改正に賢く備えて「攻め」の経営を