ガバナンス強化でメディア事業を支える

5300台のPCを一元管理 TBSテレビ

数多くの人気番組を世に送り出してきたTBSテレビ。その事業基盤は様々なITに支えられている。一方、メディアという事業の特性上、社員が社外の人や情報にアクセスする機会は多い。そのため、各社員が使うPCの稼働状況やセキュリティパッチの適用実態などを的確に把握・管理することが、ビジネスリスクを低減する上では必須だった。ここでは「SKYSEA Client View」を活用し、5000台以上のPCの一元管理を実現した同社の取り組みを紹介する。

PC台数が増加しアプリも多様化
既存ツールでは管理が限界に

2020年にテレビ放送65周年を迎えるTBSテレビ。2015年の60周年を1つの節目として、一層のコンテンツの充実と新しい放送サービスの実現に努めている。

TBSテレビ
情報システム局
システム管理部 部次長
栗原 純

放送文化の担い手である同社の重要ミッションとなるのが、現場業務に欠かせないクライアントPCの適正管理だ。メディア事業の特性上、コンテンツ制作を行う社員は外部の様々な人や情報にアクセスする必要があり、USBデバイスの利用や閲覧可能Webサイトに制限を設けることが難しい。「PC利用の自由度は下げずに、マルウエア感染などのリスクを低減しなければいけません。このジレンマを解消する手段として、10年ほど前からIT資産管理ツールを使って社内のPCの統合管理に努めてきました」と同社の栗原 純氏は振り返る。具体的には、各PCのインベントリ情報やセキュリティパッチ適用状況などをツールで可視化し、いち早く対応が進められるようにするものである。

しかし利用開始から数年が経過し、PC台数の増加や社員が使うアプリケーションが多様化。既存のツールでは情報を扱いきれないケースが発生していたという。

「数千台規模の当社グループのPCを管理する上で、性能面がネックになったとみられるエラーが頻発するようになりました。例えば、社員向けに必要なアプリケーションをパッケージングして提供する際、管理者アカウントで正しく操作をしてもはじかれてしまったり、セキュリティパッチを配布したくても、処理が遅くて社員がLANに接続している時間内では終えられなかったりといったケースが出てきていたのです」と栗原氏。この状態では、画面に表示されるIT資産の情報も本当に合っているのか信頼できず、ツール本来の意義にも疑問符が付きはじめていたという。

PCの資産状況を可視化
効果的なリスク対策も可能

そこで同社は、管理ツールのリプレースを検討。機能・性能や使いやすさを軸に複数製品を検討した結果、選んだのがSkyの「SKYSEA Client View」(以下、SKYSEA)だった。

次ページSKYSEA導入のメリットとは?
お問い合わせ
Sky
  • 東京本社
  • 〒108-0075東京都港区港南二丁目16番1号品川イーストワンタワー 15F
  • 03-5860-2622
  • 大阪本社
  • 〒532-0003大阪市淀川区宮原3丁目4番30号ニッセイ新大阪ビル 20F
  • 06-4807-6382