IR世界大手「ボクシング村田」を支援する理由

スポーツを通して日本に「感動」を届ける真意

ビル:私たちは、新しい統合型リゾートとして、2018年4月に「パークMGM」を新設。ホテル内に新たなスタジアム「パークシアター」を開設しました。ラスベガスではアイスホッケーの試合も可能になったほか、メジャーの野球チームやプロバスケットボールチームも誘致しています。そのラスベガスのMGMの最新施設に、村田選手をお迎えできたことはわれわれも大変光栄に思っています。

日本にも届けたい、統合型リゾートの感動を

――ボクシングは、ラスベガスにとって格別なもの。ここで村田諒太選手が試合を行う意義をどのように感じていらっしゃいますか?

ビル:ラスベガスのスポーツエンターテインメントはまさにボクシングとともに歩んできました。統合型リゾートにはショーや娯楽施設などさまざまなエンターテインメントがありますが、その中でスポーツが担う役割は大きく、中でも滞在するお客様に熱いエネルギーをお見せできるのがボクシングです。

この地を目指すボクサーの情熱は別格で、われわれもスポーツの神聖さとエンターテインメント性を保つ事に特別の配慮を行ってきました。これまでわれわれがラスベガスで培ってきたノウハウを日本の皆様に感じていただくには、日本で最も尊敬されているアスリートの一人である村田選手とのコラボレーションがいちばんだと考えています。

村田諒太
プロボクサー 奈良県奈良市出身。帝拳ボクシングジム所属。ロンドンオリンピックミドル級金メダリストにして、前WBA世界ミドル級王者。日本人ボクサーとしては、2人目のミドル級世界王者であり、オリンピックメダリストとしては、日本人初の世界王者。「五輪で金メダルを取って、ボクシングの聖地ラスベガスで試合をする」という自身の夢をかなえた。

村田:ラスベガスはボクシングの歴史的な聖地であると同時に、僕の夢の地でもあり、この場に立てることに心から感謝をしています。

ビル:勝負の世界は厳しいものですが、われわれはその舞台を最大限に盛り上げるプロモーションのノウハウも世界規模で持ち合わせています。その点では、日本単独の興行にプラスアルファでエンタメ性や露出を加えることができ、ボクサー個々のネームバリューを最大化する形でより魅力的な舞台をつくれるのではないかと考えています。

村田:正直、日本ではボクサーが活躍できる場というのは皆さんが思うよりも実際のところ少ないです。僕がここラスベガスで試合をすることにより、日本におけるボクシングの人気や、海外における日本人の価値が広がっていければと願っています。

ビル:MGMリゾーツでは、2014年に合同会社MGM Resorts Japanを設立し、日本で統合型リゾートの開設を目指しています。私たちは日本という国と文化に合った最高の感動をお届けしたいと考えています。

欧米のエンターテインメントだけでなく、日本の伝統も織り交ぜていきたい。世界の人を魅了する日本の魅力を存分に発揮するエンターテインメントを目指したいのです。もちろん、その中でスポーツはとても重要です。日本のリゾートでもぜひたくさんのすばらしいボクシングの試合をお届けしたいと思っています。

左上:MGMパークシアター外観 左下:イベント時のMGMパークシアターの電光掲示板 右上:MGMパークシアター内で行われたボクシングの試合の様子 右下:MGMの施設ではシルク・ドゥ・ソレイユのショーなども開催されている。右下の画像はシルク・ドゥ・ソレイユの”O”(オー)。

村田:非常にありがたい。日本のボクシング界の底上げにつながることを願っています。

ビル:実は私は生まれた場所が日本なんです。やはり思い入れもあります。単なるビジネスという側面以外にも、地域の活性化やスポーツ振興でお役に立ちたいという想いがあります。

そのためにも世界で展開しているMGMのマーケティング網を活かしながら、世界的なアスリートの皆様を招聘し、協力しながら日本の皆様に“感動”をお届けしたいと思います。

DAZNで2018年11月21日まで試合の視聴が可能。(日本での視聴限定)
・試合に加え、オリジナルの村田諒太ドキュメンタリーも公開中。
お問い合わせ
日本MGMリゾーツ