世界的な企業「一つの行動」に注目すべき理由

小さな変化の力を侮るなかれ

ギャップやオールドネイビー、バナナ・リパブリックなどのブランドを展開するGap Inc.はサスティナビリティに熱心に取り組んでいる
いま、世界中でサスティナビリティ実現への取り組みが進んでいる。その中でも、重要になってくるのが世界的な影響力を持っているグローバル企業の存在だ。世界は、彼らの行動次第で、良い方向に変革することができる。そんな世界をより良い方向に変えていくために、企業に必要な考えとは何か。現在、積極的にサスティナビリティ活動に取り組んでいるグローバル企業Gap Inc. に話を聞いた。

世界有数のアパレル企業がやろうとしていること

アパレルのグローバルブランドとして世界の人々から親しまれているGAP。アメリカのサンフランシスコを発祥とし、現在は日本、ヨーロッパなど世界各地で店舗を展開している。グループ傘下にはOLD NAVY(オールドネイビー)やBANANA REPUBLIC(バナナ・リパブリック)など有力ブランドを擁し、世界有数のアパレル企業に成長しているが、そのグループ全体を統括しているのが、Gap Inc.だ。

そんな同社が今、世界的なサスティナビリティ(持続可能性)の実現に向けて、グループ全体で環境保護や社会的課題の解決に努めている。その取り組みについて、同社グローバルサスティナビリティ シニアバイスプレジデント兼Gap財団プレジデントを務めるデイビッド・ヘイヤー氏は次のように語る。

「私たちの活動は、世界的な環境保護を推し進めると同時に、途上国の工場で働く人々の労働環境改善を大きな目標としています。そのために、私たちは、より賢明で効果的に、一つひとつのプログラムを進化させることに日々努めているのです」

Gap Inc.
グローバルサスティナビリティ シニアバイスプレジデント
デイビッド・ヘイヤー

へイヤー氏が率いる同社グローバルサスティナビリティのチームは現在75人、世界12カ国に拠点を有している。もともと同社は2004年から業界他社に先駆けてCSRレポートを発信しているが、以来、毎年内容をブラッシュアップさせながら活動の向上に努めている。同社がそれだけサスティナビリティに熱心な理由は、どこにあるのだろうか。

「私たちの会社は、1969年に1号店をオープンして以来、独自の道を歩んできました。その象徴が、ただの衣料店ではなく、世界で活躍できる大義を持ったブランドを構築したいという志です。創業以来およそ50年、私たちは、その志を会社全体で育んできました。現在、Gap Inc. の下、多くのアイコニックなブランドを有していますが、それらのブランドを通じて自分たちの志を世界に伝えることが可能になったのです」

そんな同社の取り組みの一つが2016年からスタートしている「ベター・コットン・イニシアチブ(BCI)」への参加だ。BCIは綿花栽培で使われる水や化学品を削減し、環境保護を図ると同時に、綿花農家のサポートを行っている。BCIに参加することで、グループ全体で1億2000万ポンド以上もの品質の良い綿を調達できることにもつながった。社名を受け継ぐGAPでは、2021年までに全ての綿を、BCIコットンなどのより持続可能な調達源から仕入れることを目指しているという。

次ページなぜコットンが重要なのか?
お問い合わせ
Gap Japan