ユニクロ「高コスパ」オーダースーツの実力

激戦オーダースーツ、高くて買えないが一変

これならビジネスの大事な場面でも、十分活躍してくれそうだ。そんなスーツをこの価格、この納期でなぜ提供できるのか、そして実際に個々人の体にどれほどフィットするのか。ユニクロ 商品本部VCP部MD部長・齋藤源太郎氏は、まず独自の販売体制を強みとして挙げる。

ユニクロ
商品本部VCP部 MD部長
齋藤源太郎

「ユニクロでは、お客さまのサイズを測ってから作り始めるのではなく、すでに作ってある数多のサイズのジャケットから体に合うものをお選びいただき、袖の長さだけを1cm単位で調整していただくというシステムです。あらかじめ大量に作ってあるからこそ、この価格と納期が可能なのです」

一言で言うなら「作りおき」だ。ユニクロのオーダーサービスが、正式には「オーダーメイド感覚で選ぶ~」と名付けられている理由もここにある。作りおきと聞くと「きちんと体にフィットするのか」と不安に思う人もいるだろうが、ユニクロの「作りおき」はそう単純なものではない。その規模感が異次元だからだ。

ジャケットの場合、フィット×色×ボディサイズ×着丈の組み合わせ、計192通りの在庫を倉庫に常備している。それを注文後、1㎝刻みの11通りから袖丈補正して配送することで合計2112通りのサイズバリエーションと、短納期を実現しているのだ。

フィット、色、ボディサイズ、着丈違いの192通りのジャケットが倉庫に常備されている

高品質かつ手頃な価格にこだわる、ユニクロの意地

他社を凌駕するユニクロの規模感があってこそできることだが、これだけの在庫をつねに抱えることはリスクでもある。なぜ、そこまでやるのか。

「これだけ細かなサイズを管理するのは大変な労力がかかります。そこは10年、20年にわたってパートナーとして一緒に取り組んできた協力工場の存在が大きいです。長きにわたって工場と創意工夫しながら、ノウハウを蓄積して築き上げた生産体制、信頼関係があって初めてできることだと考えています。

ユニクロのミッションは、すべての人に合う、そして似合う製品で、多くの人に満足してもらえる『LifeWear(ライフウエア)』を作ることです。時間がかかる高価なオーダースーツ を、早く手頃な価格で届けることができれば多くの人に満足してもらえます。たとえリスクがあってもやる理由は、そうした揺るぎない信念があるからなのです」と齋藤氏は話す。

ウィメンズスーツもある

各サイズの肩幅やチェスト、身幅の設定に関しても、相当数のユニクロ社員とモデルに着てもらい、どこをどうしたらきれいに見えるかを徹底的にテストして完成にこぎつけたという。

「その結果、ほとんどの方々を網羅したサイズ展開を実現しました。デザインも、正面から見た時にできるだけすっきり見えるよう細かな調整をしていますが、基本的にはほかのユニクロ製品と同様、多くのお客さまに満足していただけるベーシックさを追求しています」(齋藤氏)

ユニクロでは、この「オーダーメイド感覚で選ぶ~」シリーズを、ビジネスシャツとウィメンズのスーツでも展開している。しかも、そのすべてが既製品版と同じ価格(補正代を除く)というのは、生産から販売まで一貫して手掛けるユニクロだからこそできる設定だ。高い品質と機能を備えながら手頃な価格、かつベーシックというユニクロ最大の特徴は、「オーダーメイド感覚で選ぶ~」サービスにも健在である。

それが最短3日で手元に届く手軽さには、すごいの一言だ。異次元のスケールと、協力工場との強固な信頼関係があればこそ。他社がまねるのは、簡単なことではなさそうだ。

一度、その実力を試してみる価値は十分あるのではないだろうか。全国133店舗でボディサイズに合ったサンプルを気軽に試着できるし、採寸もしてくれるので、足を運んでみるといい。

ネットでの注文はこちら

取り扱い店舗はこちら取り扱い店舗はこちら