ANA Wi-Fi Service国内線全面無料化

より有意義な機内の過ごし方を提案

ANA Wi-Fi Serviceの無料化は、機内でもスマートフォンやパソコンが欠かせないビジネスパーソンにとっては、タイムリーに地上とコンタクトを取ることができ、より時間を有効活用できそうだ。石山氏が続ける。

「特にビジネスパーソンにとっては、急な連絡への対応など、これまでは機内で制約されていた仕事が、インターネットの無料化により手軽にできるようになり、さまざまなビジネスシーンでの活用が可能になります。また、SNSなどを使った家族や友人とのリアルタイムのコミュニケーションも可能となります」

ANAでは、こうしたお客様のニーズをいかに吸収してきたのか。新サービスの提供までには入念な調査があったと石山氏は言う。

上空という限定された空間ならではの楽しみ方

「これまでインタビューやアンケートなど多様なリサーチをもとに、常にお客様の声にアンテナを張ってきました。その結果、飛行機の利用はお客様にとっては一つの移動手段ではありますが、そこにどのような付加価値を提供できるのかが問われていると強く感じました」

今回の取り組みでは、ANAならではのサービスの考えも見ることができる。

「ANA Wi-Fi Serviceはインターネットとエンターテインメントの両方で構成されています。もちろんインターネットの無料化はインフラとしてとても大事なポイントですが、これがすべてではないということです。我々は、あくまでも機内の中で有意義に過ごしていただくことをベースに考えています。その意味でただインターネットにつながるというだけではなく、自分の手で自由にタップしながら地図から情報を得たり、コックピットからの景色や計器を見られたりと、これまでなかったコンテンツを提供することで、皆様にワクワク感を提供したいという思いがあります。日頃忙しいビジネスパーソンの皆様には上空でビジネスの連絡を取れる環境をつくるのはもちろんですが、例えば上空にいるからこそ普段見ることのないTVドラマやバラエティーを観て、ちょっとした息抜きの時間をつくっていただくのも良いかもしれません。皆様が乗るたびにいろんな発見やアイディアが生まれるようなサービスの世界を実現できればと思っております」

石山氏は、こうしたサービスのこだわりについてこう強調する。

「自分の手で自由にタップしながら地図に触れる。これは、自然に情報に触れたり、偶然関心あるものを発見できたりと、ある意味きっかけづくりになると考えています。上空で地図を見るという非日常的な体験を通して、ぜひ記憶に残る新たな発見をしていただきたい。目的地に向かう便だけではなく、帰りの便でも地図を見ながら、次はどこに行こうかなどと思いを馳せていただき、家族や友人とのSNSを通じて旅行の計画をしていただけたら、企画担当としては嬉しい限りです」

ANAでは、今後もサービスを通して、お客様に喜んでもらえる機内での過ごし方を提案していく方針だ。

「時代とともに地上と同じ環境を求めるお客様が増えておりますが、飛行機で同じ技術をそのまま転用することは難しい。しかしながら、上空という引き続き制約がある空間の中で、いかにいろいろな過ごし方を提供できるのか。SNSやメールができ、リアルタイムでニュースを見たりする以外にも、新しい体験ができるように、今後も機内での過ごし方の提案を充実させていきたいと考えております」

>>ANAページはこちら

お問い合わせ