世界と日本をCOOLにするリーダーたち

地球温暖化をビジネスチャンスに!

「COOL CHOICE LEADERS AWARD」は、「COOL CHOICE」推進の一環として、「COOL CHOICE」に率先して取り組んでいる”人・グループ”及び「COOL CHOICE」を広げるための”アイデア”を募集し、優秀な内容については表彰を行い、その内容を各種メディアやCOOL CHOICE WEBサイト等で発信するとともに、今後の普及啓発活動に活用するために創設された。
「COOL CHOICE LEADERS AWARD」において、環境大臣賞はじめ優秀賞、特別賞に選ばれた受賞者たちに話を聞いた。

窓のリフォームで冷暖房エネルギーを25%削減

株式会社LIXIL
サッシ・ドア事業部 事業部長
関塚英樹(右)
グループリーダー
黒坂幸二(左)
多岐にわたる建材・設備機器と幅広い住関連サービスを提供するグローバル企業、株式会社LIXIL。生活者視点に立ったイノベーションを推進し、より豊かで快適な住まいと暮らしの実現を目指している。『リフレム リプラス』は、サッシ・ドア事業部のメンバー30名が1年かけて開発。壁を壊さず、最短60分で新しい窓にリフォームできる画期的な製品として注目されている。

「古い窓が住宅の省エネ化を妨げているという認識は、多くの方にとっては馴染みがないかもしれません。住宅の高性能化に取り組む私たちにとっては、そこが大きな課題でした。開口部は、冬場は熱を約58%放出、逆に夏場は外から熱を約73%吸収してしまいます。しかし、既存住宅は約80%が非断熱窓。もし、日本の住宅全部を断熱窓に変えることができたら、家庭の冷暖房エネルギーを約25%カットできます。とはいえ、従来の窓リフォームでは壁を壊す必要があり、費用と時間のコストが負担に。また、既存の窓枠の上から新しい窓枠を取り付けるカバー工法もありますが、70mmの立ち上がりが生じてガラス部分がどうしても小さくなってしまうという難点がありました。

既存住宅の窓は、まだ約8割が、省エネの進んでいない非断熱窓。室内外への熱の流出入が大きい開口部のリフォームは、環境負荷の低減に大きく貢献する

『リフレム リプラス』の開発にあたって革新的だったポイントは、独自開発の「下枠レベル調整付土台」にあります。壁を壊すことなく施工できるカバー工法を踏襲したもので、窓枠の幅を極限まで小さくすること、そして他社のサッシにも対応できる構造にこだわりました。調査のため、何年も前のカタログを探したり、お付き合いのある施工店を当たって、お客様をご紹介いただき30軒近いお住まいを逐一訪問して窓を見せていただいたりと、現場にも足を運びました。開発担当者はおよそ1カ月間、各社・各年代の図面を見比べて、構造を練り上げました。そうした地道な努力が実り、汎用性の高い「下枠レベル調整付土台」が誕生。また、リフォーム専用枠の採用により立ち上がりを半分以下の24mmまでに抑えることができ、快適性もデザイン性も損なわれない窓リフォームを実現させました。かかる時間も最短60分です。これからも『リフレム リプラス』が省エネに貢献することを伝え続けるとともに、製品のさらなる進化を目指したいと思っています」

次ページ太陽熱を利用して、ドライフルーツなどを生産
お問い合わせ
環境省
地球環境局 地球温暖化対策課
国民生活対策室
関連ページ
第二章 このアイデアが地球の未来を変えるかも?
第三章 2030年のCO2削減方法はこう変わる
第四章 学生から発案!「COOL CHOICE」 アイデア
第五章 「つい、したくなる」シカケのつくり方