国際ビジネスコミュニケーション協会

聞く・読む・話す・書く
「4技能測定のスタンダード」へ

TOEIC®テストは10年ぶりの改革で「何が」かわったのか

 
 

より"実際的"な出題形式を採用
全体の構成や内容の理解を重視

今回の『アップデート』。どのように出題形式が変更されたのだろうか。

「大きなコンセプトとして、よりオーセンティック(authentic:実際的)な出題形式が採用されています。また、時代の変化に対応するべく、日常生活やビジネスの場面で今日使われている英語を反映しています」と山下常務理事は説明する。

たとえばリスニングセクションでは、これまで1人のスピーチや2人の会話だったが、今回からは3名で会話する設問が加わった。また、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などインターネットによるコミュニケーションツールの発達に合わせ、リーディングセクションでは、テキストメッセージやインスタントメッセージ(チャット)、オンラインチャット形式で複数名がやりとりを行う設問も加えられている。

◎リーディングセクションでの問題例
(リアルなチャット形式の出題。内容も流れの中で理解することが求められる問題となっている)
READING SECTION Part 7 読解問題
SAM BACH 11:59
My first flight was delayed, so I missed my connection in Beijing.
SAM BACH 12:00
So now, I’m going to be on a flight arriving in Kansai at 18:00.
AKIRA OTANI 12:05
OK. Same airline?
SAM BACH 12:06
It’s still Fly Right Airlines. It will be later in the day but still in time for our client meeting.
AKIRA OTANI 12:06
I’ll confirm the arrival time. Do you have any checked bags?
SAM BACH 12:10
I do. Would you mind meeting me at the door after I go through customs?
AKIRA OTANI 12:15
Sure thing. Parking spots can be hard to find, but now I’ll have extra time to drive around and look.
SAM BACH 12:16
Yes, sorry about that. See you then!
設問1. What is suggested about Mr. BACH?
(A) He has been to Kansai more than ones.
(B) He currently works in Beijing.
(C) He is on a business trip.
(D) He works for Fly Right Airlines.
設問2. At 12:15, what does Mr. Otani mean when he writes,”Sure thing”?
(A) He has confirmed the arrival time of flight.
(B) He is certain he will be able to find a parking place.
(C) He agrees to wait at the door near the customs area.
(D) He know Mr. Bach must pass through customs.

このほか、リーディングセクションでは3つの関連する文書(トリプルパッセージ)を読んで解答する設問なども登場している。

「これらはいずれも、全体の構成や内容を理解していないと解答できない問題であり、小手先のテクニックだけでは通じなくなるでしょう。変更により難易度が上がったと感じる方がいるかもしれませんが、私たちはテストを開発する米国のETS(Educational Testing Service)と何度も議論を重ね、難易度に変化が生じないよう要望してきました」(山下常務理事)

そのため、ETSではテスト開発の専門家が何度も調査、検証を行った上でテストを設計した。実際に、5月29日(日)に実施された、変更後初の公開テストの結果は、これまでのものと同等の平均スコアだったという。受験者の能力に変化がない限り、スコアも一定に保たれることが証明されたわけだ。

英語で「話す・書く」能力を測定
TOEIC® Speaking & Writing Tests」

TOEIC®テストがスタートした37年前と現在では「国際化」の意味が違う。今、グローバル化の波は、企業規模の大小、業種業態の違いにかかわらず、あらゆる企業へと広がっている。新入社員の採用試験や、異動、昇進・昇格の要件としてTOEIC® Programを活用する企業が増えているのもそこに理由がある。英語能力を測る世界共通のモノサシとして、着実に信頼を重ねてきたのだ。

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会 常務理事 山下雄士氏

「これからは、異なるバックグラウンドを持つ国の人たちと一緒に仕事をするといったことが当たり前になるでしょう。コミュニケーション力、特に自分の意見を発信する力が重要になります。

TOEIC® L&Rは、英語を『聞く(リスニング)』『読む(リーディング)』能力を測定するテストという位置付けです。英語でコミュニケーションするには『話す(スピーキング)』、『書く(ライティング)』能力も含めた、いわゆる4技能の習得が大切です。TOEIC® Programには、英語で『話す』、『書く』能力を測定する『TOEIC® Speaking & Writing Tests(TOEIC® S&W)』というテストがあります。ぜひご活用いただきたいと願っています」と山下常務理事は語る。

TOEIC® S&W」は「TOEIC® L&R」と同様、米ETSが開発したテストで、国際的な職場環境において、効果的に英語でコミュニケーションをするために必要な、話す・書く能力を直接的に測定できるのが大きな特長だ。

TOEIC® S&W」は、「TOEIC® Speaking」20分と「TOEIC® Writing」60分の2つのテストで構成されており、2007年にスタートした。受験者数は約2万6300人(2015年度)と、TOEIC® L&Rに比べればまだ少ないが、5年連続で増加しており、受験者からは「Speakingの20分間はとても楽しいものだった」という感想も出るほど、その内容は評価が高い。

「英語で話す場」を増やすため
積極的にイベントを開催

IIBCでは、英語を話す機会を増やすため、積極的にイベントも開催している。

11月8日(火)~10日(木)には、楽しみながら「英語で話す場」を提供する「TOEIC® ENGLISH CAFÉ presented by IIBC」を六本木ヒルズに期間限定でオープンした。「英語を使う場面がなかなかない」、「英語を話すときに緊張する」といった声を受け、カフェというリラックスした場で、楽しく英語を話す機会を提供することを企図したものだ。

初日に行われたオープニングイベントでは、FMラジオの人気ナビゲーター3人によるミニトークショーを開催。コミュニケーションにあたって気をつけていることや、英語を話すことへのアドバイスなどが自らの体験に基づき紹介された。

トークショーやフリートーキングなどTOEIC® ENGLISH CAFÉではさまざまなイベントも実施された

開催期間中は、ネイティブスピーカーを交えて少人数でコミュニケーションを楽しむことができる「フリートーキングテーブル」を各日開催。多くの人が参加した。さらに夜には英語で楽しく話すイベント「SPEAK UP NIGHTS」も実施され、「夢・情熱」「旅」「音楽」をテーマに人気ナビゲーターと参加者の間でバラエティに富んだトークが繰り広げられた。

このほかにも、IIBCでは、TOEIC® S&Wに関心のある人を対象とした英語コミュニケーション力向上のためのワークショップなど、さまざまなイベントを開催している。こうしたイベントを開催する目的について、IIBCテスト事業普及企画室室長の吉田温子氏は、次のように語る。

「大都会&国際都市の東京都内であっても、日本にはまだまだ実際に英語で話す場が少ないのが現状です。そこで、昨年度から、『話す場』を提供するイベントを実施してきましたが、大変好評だったことから、このニーズに応えるべく、今期もイベントを開催することにしました。

イベントでは、リラックスした雰囲気の中で、学習仲間と英語で話すことで自信につながったり、英語によるコミュニケーションの疑似体験ができたりします。英語で発信することに今一つ自信が持てず、発信能力を伸ばすにはどのような勉強をしたらよいのか知りたい方などにぜひ参加していただければと思います」

英語で話す機会があまりなく、コミュニケーションに自信が持てないという人も多くいることだろう。吉田室長が「TOEIC® Programはコミュニケーション能力習得に向けた学習を効率化する“マイルストーン”。上手に利用して役立ててほしい」と語るように、まずは自らの英語力を試す場としてこうしたイベントやTOEIC®テストを活用されてみてはいかがだろうか。

お問い合わせ
一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会
www.toeic.or.jp