「日本市場を揺るがす外国人投資家の行く末」リチャード・カッツ

今、日本の株式市場に何が起こっているかを知りたければ、外国人投資家の動向を注視すればよい。彼らが日本株を売っていれば、株価が下落している証拠であり、仮に買っていれば、市場が安定しているか、株価が上昇している証拠である。今年1月から9月まで、外国人投資家は日本株を買いあさり、8月から9月下旬にかけては、逆に日本市場から大挙して逃げ出した。9月末から10月初めにかけては、再び上半期と同じペースで日本株を買い増している。では彼らの今後の動向は、どうなるのだろうか。

 そもそも外国人投資家が日本市場をリードしている理由は、彼らの取引が出来高の3分の2を占めるほど膨大な量だからである。実際に2003年以降は、外国人買いが株価上昇の主因となっている。彼らは06年中に日本株を5・6兆円買い、日本人投資家の売却分を相殺した。07年上半期には、さらに6・2兆円を買い増している。仮に外国人投資家が日本株を買わなければ、日本人投資家が売却した6兆円の株式が原因となり、株価は暴落しただろう。日本株の外国人持ち株比率はこうして03年3月の18%から、07年3月には28%まで上昇したのである。

 こうした状況からいえるのは、外国人投資家が仮に日本株の売買を中断すれば、日本市場は間違いなく混乱に陥るということだ。しかも、その予兆は見られる。モルガン・スタンレー証券のチーフ・エコノミスト佐藤健裕氏は、マクロ経済レポートの中で、「日本株に関するコンファレンスに出席するためニューヨークに出向いたが、アメリカ人投資家の日本経済と日本株に対する期待は、悲しいほど低いものだった」と記述している。

 メリルリンチ証券が9月に行った調査によれば、世界のポートフォリオに占める日本株のウエートを「下げたい」と言っている機関投資家は、「高めたい」と言っている投資家より若干だが多いという。売り基調が買い基調を上回ったのは、03年に現在の上げ相場が始まって以来、初めてのことである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT