記事広告アーカイブ

一人ひとりのハッピーライフのために
家計を最適化する学びと相談の場

家計の不安を解決する無料セミナーを開催中

お金に無頓着だった独身男性の相談が増加

貯蓄・保険・住宅・年金・相続・税金と、ライフプランにかかわる6分野のエキスパートが、参加者の不安や疑問にていねいな解説を行っている。

もちろん、コンサルティングも活況だ。セミナーで学んだことを自分の暮らしの中に反映させたいが具体的にどうすればよいのかわからない、セミナーで話を聞くよりも直接相談に乗ってほしいという個人が引きも切らずに訪れ、年間1万件以上の相談を受けているという。

「最近、多くなっているのは独身男女のご相談、特に40代以上の男性シングルの相談です。そろそろ老後のマネープランを考え始めたいということでいらっしゃるのですが、これまであまり家計に目を向けず、お給料は総合口座の普通預金に放置したままで、使えるはずの所得控除にも気づかず、長年高い税金を納めている方も少なくありません。

普通預金口座に眠っているお金を確定拠出年金や個人年金に振り分けるだけでも税制優遇が受けられるという一例をご紹介すると、多くのご相談者から『自分は知識と工夫が足りなかった。もっと早く相談に来ればよかった』というお言葉をいただきます」

初回相談料は無料 お試し感覚で利用を

家計の総合相談センター入口

「家計の総合相談センター」の特徴は、ライフプラン、マネープランを相談者と一緒に考えるだけではなく、そのあとの実践をサポートしてくれることにもある。「たとえば、外資系企業に勤務する人がストックオプションの権利行使をした場合、確定申告をするための計算が非常に複雑で、自分はもちろん、企業内の経理部などでも対応しきれないことがしばしばです。

とはいえ、〝○○税理士事務所〞という看板を掲げるところは、一般的に企業向けのサービスを行っていることが多く、いちビジネスパーソンにとってはなかなか身近に思える存在ではありません」と吉田氏。その点、「家計の総合相談センター」であれば、元より個人向けの相談サービスを提供しているので、気負うことなく税理士に税金相談ができ、面倒な確定申告書作成の代行を依頼すればミスなく書類を仕上げてくれて、スムーズな確定申告が行える、といった具合だ。

さらに、相談者が置かれている環境の変化や、税制改正や年金改正といった状況の変化に対応するために、必要に応じてメンテナンスをしてくれる。定期的なニュースレターの配信や臨時セミナーの開催など、メンテナンスのタイミングに気づかせる仕掛けも怠りがない。

何よりも相談者にとってうれしいのは、一般向け各種セミナーへの参加は原則無料、コンサルティングも初回相談料は無料という点だ。ライフプラン、マネープランについて不安に思うこと、話を聞いてもらいたいことがあったら、一度お試し感覚で「家計の総合相談センター」の扉をノックしてみるとよいのではないだろうか。

次ページ「家計の総合相談センター」の有効な活用方法は
お問い合わせ
家計の総合相談センター
家計の総合相談センター
 0120-3737-88
 http://www.happylife.ne.jp/