SMBCフレンド証券

「情報」が株式投資を制する

自分に合った投資スタイルをどう確立するか

また、業績を見るときには、1社だけに注目しないほうがいいと花田氏はアドバイスする。もし、その業界のどの会社も売上高や利益が伸びていれば、業界全体が成長していると考えることができ、より将来にわたって利益を上げる会社を発見しやすいと考えられるからだ。

注目すべき会社が見つかったら、次に大事なのはその会社の株式をいつ売買するかということだ。売買のタイミングを知る方法として、株価チャートを連想する人も多いだろう。しかし、個人投資家の中にはローソク足などの株価チャートを読むのが苦手だと語る人も少なくない。どこに注目すればいいのか、花田氏に解説してもらった。

「理想的なのは、長い目で見たトレンドが上を向いていて、そのトレンド内の短期的な動きの安いところで購入し、上昇トレンドの様子が変わったと思ったところで売却することかと思います。そのために大事なことは、その銘柄が過去にたどってきた高値、安値に注目することです。高値で上値が抑えられるようであれば『売り』の一つのタイミングになりますし、逆に、価格が下押ししても、過去の安値で下値が抑えられるならば、『押し目買い』のチャンスと考えることもできるでしょう」

「その銘柄の過去の値動きを見れば、どのタイミングで売買すればよいのかが判断しやすくなります」と語る花田氏

便利なインターネットだからこそ
自分の投資スタイルに合ったサービスを

前述したように、インターネットの発達により、パソコンだけでなく、タブレット端末やスマートフォンで、いつでも、どこででも手軽に情報が入手できるようになった。しかし、これまで見てきたようなトップダウンの情報やボトムアップの情報、チャートなどを、すべて自力で入手し、かつすべて自分で分析、解釈するというのはなかなか至難の業だ。

こうした問題について、花田氏は、「情報をまとまった形で見たい方は、インターネットトレードを通じて情報を集めるのがよいのではないでしょうか」とアドバイスする。

最近では、インターネットトレードに力を入れている証券会社も多く、そうした会社では、これまで述べてきたようなさまざまな情報の見方を解説するアナリストのレポートがあったり、決算情報もほぼ即時に入手できる。また、自分の関心のある銘柄を登録しておけば、株価チャートが自動的に更新されるサービスもあるようだ。効率的に情報を収集したいという投資家にとって、検討に値する方法だろう。

インターネットトレードを始めようという投資家に向けて、花田氏は次のようにエールを送る。

「株式投資の楽しみの一つは、さまざまな情報や知識から自分なりに物事を咀嚼して、銘柄を発掘することかと思います。そのためには、繰り返しになりますが、自分なりの投資スタイルを確立し、それに合わせて多面的に情報を見ることが大切です。

SMBCフレンド証券では、従来から『全社、投資コンシェルジュ宣言。』を掲げ、お客さまにきめ細やかで、より満足度の高いサービスを提供することに力を入れています。投資コンシェルジュにいろいろ相談しながら、インターネットトレードをしたい方向けの『悠々投資フルサービス』や、すべて自分でやりたい人向けにシンプルでわかりやすいトレード画面をご用意したインターネットトレード専用口座『ヒントネット倶楽部』など、お客さまの投資スタイルに合わせて選べるようになっています。ご自身の投資スタイルに合ったサービスを見つけ、投資成功を実現してほしいと願っています」

SMBCフレンド証券のお取引口座比較表はこちら

 国内上場株式にかかる手数料・リスク等および留意事項について
この記事に記載された内容は、投資判断の参考となる情報提供を目的としており、投資勧誘を意図して作成したものではありません。
お取引にあたっては、各商品等の上場有価証券等書面または契約締結前交付書面、目論見書およびお客さま向け資料等をご確認の上、投資の最終判断はお客さまご自身で行っていただきますようお願いいたします。

■手数料
〈店舗のお客さま〉
国内上場株式の売買取引を行うにあたっては、約定代金に対して最大1.2312%(2,700円に満たない場合は2,700円)(税込)の委託手数料をいただきます。
当社との相対取引により売買を行う場合は、購入対価のみのお支払い、または売却対価のみのお受取りとなります。 また、お取引方法等により手数料が異なります。
〈ヒントネット倶楽部(インターネットトレード専用口座)のお客さま〉
国内上場株式等の売買取引を行うにあたっては、定率プランでは約定代金に対して最大0.1728%(税込)、864円に満たない場合は864円(税込)の委託手数料をいただきます。定額会費プランをご利用の場合は、月間売買回数に応じた月額会費をお支払いいただきます。
■リスク
価格変動リスク

国内上場株式の価格は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の変動に伴い変動します。これにより、損失が生じるおそれがあります。
信用リスク
国内上場株式の発行者または保証会社等の業務や財産の状況に変化が生じた場合、価格が変動することによって損失が生じるおそれがあります。
■留意事項
上場有価証券等のうち、他の種類株式、社債、新株予約権その他の財産に転換される(できる)旨の条件または権利が付されている場合において、当該財産の価格や評価額の変動や、当該財産の発行者の業務や財産の状況の変化に伴い、上場有価証券等の価格が変動することや、転換後の当該財産の価格や評価額が当初購入金額を下回ることによって損失が生じるおそれがあります。 なお、新株予約権、取得請求権等が付された上場有価証券等については、これらの権利を行使できる期間に制限がありますのでご留意ください。また、新株予約権証券は、あらかじめ定められた期限内に新株予約権を行使しないことにより、投資金額全額を失う場合があります。

商号等/SMBCフレンド証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第40号
加入協会/日本証券業協会 一般社団法人第二種金融商品取引業協会

投資にかかる手数料・リスク等および留意事項について詳しくはこちら

お問い合わせ
SMBCフレンド証券
WEBサイトはこちら