東洋大学

言葉の“奥深く"にある文化を理解する

東洋大学

松岡 やはり日本語を話すメンタリティで外国語を話すのは難しいと思います。英語でも、言葉が自然に出てくるようになるには、英語圏文化を身に付けることが必要でしょう。私が大学に入学した時も、海外経験のある学生に違和感を持ちました。ただ、世界的視野ではやはり、はっきり話す方が当たり前で、黙っている方が変に思われてしまいますね。

大野 人にはそれぞれ背負っている文化があり、コミュニケーションとはその文化同士の衝突とも言えるでしょう。コミュニケーションで違和感を覚えた時は、まさに衝突の真っ最中。ところが、相互理解というものを、それぞれが背負った文化同士の融合とするならば、そうした融合は、まずは衝突し反発してみないと到達できない次元でもあります。

松岡 同一文化圏でも、違いが大きな人をいじめたり、疎外したりすることがありますが、国際的になると、それが何倍にも増幅されてしまう傾向があるように思います。ただ、グローバル化した社会では、純粋に一つの文化圏だけという環境はあり得ません。人は皆、それぞれ異なっているのです。相手とぶつかって違いを知り、多様性の理解を進めることが、人生を豊かにするのだと思います。

大野 おっしゃるとおり、日本人同士で日本語を話すだけの環境の中にとどまっていると、そうした違いにはなかなか気づけない。別の文化との違いを知る機会として、学生にはぜひ短期間の海外旅行だけでなく、海外での日常を体験してほしいと思います。また、コミュニケーションに必要な「文化理解」は、会話のコンテンツ、話題にも活かされます。語学はあくまでもツールです。日本の文化や芸術、あるいは東日本大震災後の復興状況など、外国人に質問されそうなことを予測し、知識として蓄えておくことも、大切な留学準備です。他文化と自文化との違いは、自分の文化をよく知り、客観視しないとなかなか見えてこないものです。さらに、相手の質問にもスムーズに答えられれば、会話も自然と弾みますしね。

松岡 たとえば片言の英語でも、技術者同士ならお互いに専門的な内容がわかっているので話が通じるということもあります。コミュニケーションをとれるようになって何をしたいのか、目的意識を持って自分を磨くことが大切でしょう。東洋大学では、グローバル化とコミュニケーションというものをどのように考えているのですか。

大野 私の所属する文学部では、国際文化コミュニケーション学科を2017年4月に設立する準備を進めています。まさに語学力と文化理解力のバランスのとれた教育を目指しています。具体的には、英語と英語圏文化、ドイツ語とドイツ語圏文化、フランス語とフランス語圏文化の組み合わせだけでなく、異文化交流も学ぶことができます。つまり、日本の文化を英・独・仏・日といった多文化の一つとして理解し、外国語を活用して世界へと発信できる学生を育成する教育とも言えましょう。松岡さんのおっしゃったように翻訳やコミュニケーションが、語学力だけでなく文化理解によって可能となる行為であることを知れば、おのずと、外国文化とは何か、それに対する日本文化とは何か、ひいては自分のアイデンティティとは何かといった探求につながります。他者と自己の双方を見つめる探求心と広い視野を持つことは、哲学としての「考える力」を身に付けることを目的としている東洋大学らしい学びの姿となるでしょう。

松岡 まさに、しっかり考えられる人こそが、国際的に通用するのだと思います。静山社創立者の故・松岡幸雄氏の口ぐせだった「権威を疑え」は、私の座右の銘になっています。

大野 すばらしいですね。実は『グリム童話』とは、取るに足らない昔話を、些細でも小さくても価値はあると丹念に収集した、グリム兄弟の信念によって編まれたものなのです。過大評価も過小評価もせず、言い換えれば既成の固定観念にとらわれず真の価値を見つけようとする姿勢は、まさに「権威を疑え」という考え方そのものであり、国際的な場面での文化間コミュニケーションに必要とされる態度です。グローバル化する社会の荒波の中でもまれても、「流されない自分」というものを持った学生を育成していければと思います。

※2017年度開設予定(設置構想中)。学部・学科名は仮称であり、計画内容は変更になる可能性があります。

TOPICS
第1回 グローバル社会で必要な能力
■G&S Global Advisors Inc.
 橘・フクシマ・咲江氏
■東洋大学 学長
 竹村牧男
元ヘッドハンターが語るグローバルで究極的に求められる「インテグリティ」とは。
第2回 観光産業をリードする力
■東洋大学 教授
国際地域学部国際観光学科長
飯嶋好彦
外国人観光客に愛される国になるために、いま最も必要とされているのが・・・・・・。
第3回 プログラミング
■東洋大学情報連携学部等
設置推進委員会 委員長
坂村健
アイデアをかたちにするプログラミングスキルが、なぜ必須となっているのか。
第5回 グローバル化を牽引する大学の挑戦
■東洋大学 副学長
 髙橋一男
■東洋大学 国際地域学部
 教授 芦沢真五
アジアの大学生がダイナミックに動く時代のハブ大学を目指して。
第6回 リーダーシップ
■東洋大学 教授 今村肇
グローバル時代に求められるリーダー像「対話型インタラクティブ・リーダーシップ」。
第7回 異文化理解と自文化理解
■旭酒造 代表取締役社長
 桜井博志氏
■東洋大学 文学部 教授
 石田仁志
日本酒「獺祭」が世界で評価される理由には異文化と自文化への深い理解があった。
第8回 産業界が求める人財
■リクルートホールディングス リクルートワークス研究所 主幹研究員 豊田義博氏
■東洋大学 国際地域学部
 教授 芦沢真五
自らキャリアデザインを主導する「キャリア自律型人財」が求められるようになっている。
第9回 連携する力
■前グーグル日本法人名誉会長 村上憲郎氏
■東洋大学 情報連携学部等設置推進委員会 委員長
坂村健
ITの変遷を身をもって知る二人がIoTからビッグデータ、AIまでITのいまを語る。
第10回 観光プロデュース力
■小西美術工藝社
代表取締役社長
デービッド・アトキンソン氏
■東洋大学 国際地域学部
 准教授 矢ヶ崎紀子
マーケティングの活用で、日本を訪れる観光客の満足度向上へ。
第11回 イノベーション力
■ラクスル 代表取締役
 松本恭攝氏
■東洋大学 国際地域学部
 教授 荒巻俊也
世界で活躍できるイノベーティブな人財の条件とは。成長する企業トップの思考をひも解く。
第12回 哲学的思考
■東洋大学 学長 竹村牧男
物事を深く掘り下げて考える「哲学的思考」がグローバル社会を生き抜く大きな力になる。
お問い合わせ
東洋大学
https://www.toyo.ac.jp/