就活

採用面接のポイント3つ、教えます!

東洋経済オンラインでライバルに差をつける

3.否定的なことは言わない

これまたみんな素直なのか、どうにも自信のないことや、地方勤務など「できれば避けたいな」と思っていることを、正直に言ってしまう人も多いようです。会社に嘘を言っても見抜かれると思うかもしれません。でも、これから入社までに克服できそうなことであれば、「できます」と言って、実際に克服すれば嘘ではなくなります。

実際に会社に入ると、マニュアルにないことばかりに直面して、自信がなくてもやらなくてはいけないことだらけです。会社はどんな状況にあっても、前向きなマインドをもって取り組んでもらえる人を求めています。自分の性格はそうではないという人も多いかも知れませんが、多少の芝居をしてでも「前向きな自分」をアピールできるようにしましょう。

『就職四季報』で面接の評価ポイントなど把握を

3つの面接基本事項のうち、特に2番では、なんといっても「会社を知る」ことが最も重要だとわかるのではないでしょうか。実際に面接シーズンが近づくと、個別の会社名をネットで検索して、何とかどんなことでも情報を得ようとする人がとみに増えてきます。

面接の評価ポイントは「選考ポイント」の(面)というかたちで掲載

『就職四季報』を手に取って、今一度、「面接の評価ポイント」、「求める人材」、「企業理念」、そして何より「特色」と「記者評価」を頭に叩き込みましょう。

次ページ就活生にも便利!東洋経済オンライン
お問い合わせ
『就職四季報』バーチャル業界研究フェア 事務局
 virtual@toyokeizai.co.jp