羽生が歴代最高得点でGPファイナル3連覇

合計330.43点で優勝

 12月12日、フィギュアスケートのGPファイナル、羽生結弦(写真)が世界歴代最高得点で男子史上初の3連覇を達成した。(2015年 ロイター/Albert Gea)

[12日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは12日、スペインのバルセロナで競技を行い、羽生結弦が世界歴代最高得点で男子史上初の3連覇を達成した。

羽生はショートプログラム(SP)に続き、この日のフリーでも世界歴代最高得点を更新。合計330.43点で優勝した。

ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が合計292.95点で2位。宇野昌磨が3位に入り、村上大介は6位だった。

女子フリーでは、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が優勝。宮原知子は2位。浅田真央は6位に終わった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。