羽生が歴代最高得点でGPファイナル3連覇

合計330.43点で優勝

 12月12日、フィギュアスケートのGPファイナル、羽生結弦(写真)が世界歴代最高得点で男子史上初の3連覇を達成した。(2015年 ロイター/Albert Gea)

[12日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは12日、スペインのバルセロナで競技を行い、羽生結弦が世界歴代最高得点で男子史上初の3連覇を達成した。

羽生はショートプログラム(SP)に続き、この日のフリーでも世界歴代最高得点を更新。合計330.43点で優勝した。

ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が合計292.95点で2位。宇野昌磨が3位に入り、村上大介は6位だった。

女子フリーでは、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が優勝。宮原知子は2位。浅田真央は6位に終わった。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
50歳から考える<br>定年後の仕事選び

健康なら80歳まで働ける時代。60歳の定年からでも20年、50代で転身したら30年近くある。発想を変えれば、あなたの人生は変わる。生涯現役で働きたい人に役立つ情報が満載。