「ボーナスが消えてなくなる人」の残念な習慣

計画的に使わなければ、残るものも残らない

たくさん入ったはずなのに……(写真:tooru sasaki / PIXTA)

冬のボーナス(賞与、一時金)が支給される時期。きょう12月10日が支給日だという会社もあるでしょう。日本経団連によれば、従業員が500人以上の大手企業では今年の冬のボーナス平均額は91万0697円と過去最高レベル。国家公務員も夏に引き続き増加で、同平均71万5400円となる見通しです。中堅・中小では大手ほど景気のよい話はなく、ボーナスが減る企業も少なくないですが、なんだかんだでまとまったおカネが入るのは、ありがたいものです。

一方、このボーナスが知らないうちに消えてしまっていた――。そんな経験を持っている人も少なくないでしょう。自分がそうでなくても、周囲にそんなことを言っている人が1人や2人はいるのではないでしょうか。そんなボーナスが残らない人には、いくつかの特徴があります。もし、思い当たるフシがあったら要注意です。

ボーナス払いに頼りすぎ

「給料日前で銀行口座にお金がない……」

こんな時に、手数料無料で利用できるクレジットカードのボーナス払いは、ショッピングの強い味方です。ただ、ついついと思って「ボーナス払い」を多用すると、自分のボーナス以上の「ボーナス払い請求」が来ることになりかねません。つまり、ボーナスが入っても使う前に、なくなっているワケです。

気をつけたいのが、ボーナス払いはボーナス時期の直前だけでなく、年中利用できること。カード会社によっては、11月中の買い物も、翌年の夏のボーナス払いにすることができます。冬のボーナスをもらう前に、夏のボーナス払いができてしまうケースがあるのです。そうすると、ボーナス払いにした買い物を把握しておかないと、自分が忘れたころに思わぬ大きな出費がやってきます。

クレジットカードのボーナス払いは利息がかからない借金ですから、頼りすぎると本当に必要な物が買えないだけでなく、将来のための貯蓄もできなくなります。また、住宅ローンのボーナス払いの返済割合が多すぎて、ボーナスが残らないケースもあります。返済割合を変えたり、ボーナス払いをなくして、毎月払いにすることも出来ます。返済月を変更することも出来ますので、金融機関に相談してみましょう。

「今月はたまたまなんです」

毎月の特別費をボーナスで補てんするのも、知らないうちにボーナスが消えてなくなる習慣です。

たとえば、「今月はクリスマスだから」「今月は帰省したし、お年玉があったから」「今月はバレンタインだったから」「今月は歓送迎会があったから」「今月は入学準備があったから」などなど。そもそも、1年を通して見ると、1月から12月までイベントは盛りだくさんです。ほかにも、お誕生日、父の日、母の日、こどもの日、結婚記念日、七五三などのお祝いごとに出費したり、急に故障した家電を買い替えたり。新車購入から3年後、その後は2年に1回の車検には大きな出費を伴いますし、結婚式やお葬式などの冠婚葬祭に包むおカネもバカになりません。

次ページ「繰り上げ返済」は計画的に
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。