35歳商社マンは、転職して芝浦を本丸にした

大企業の看板を下ろした拓哉は通用するのか

35歳になった拓哉が選んだ街は芝浦。挫折を経験した拓哉の生活はどう変化した?
慶應大学卒業後とある商社に勤めた拓哉。20代を「渋谷」「西麻布」で過ごし、挫折を経験し蒲田へと引っ越す。今の会社で頑張り続けるのか、それとも……? そんな拓哉の35歳の時のお話。

海を渡れるか? 34歳の決断

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

商社にいれば、海外赴任は避けて通れません。通常20代に声がかかることが多いのですが、僕は英語ができなかったというビハインドもあり、声がかかったのは少し遅かったですね。特に僕が期待されていないとかそういうことではないと信じています。

33歳で海外赴任の話が舞い込んできましたが、言われた先は、コンゴ……

海外赴任、花形の欧米ではなくコンゴ……。想定外の赴任先に悩んでしまう

ハードシップど真ん中です。商社では、赴任先の住環境や治安状態の違いによって、“危険手当”があるのですが、1級国のハードシップは、年収換算して、国内勤務の時より2割増しから2倍近い額になるんです。

僕の場合、1500万くらいになるかと……食費や住居費もかかりませんし、娯楽やレストランも少ないのでおカネは間違いなく貯まるんですよ。帰国したらすぐに家を買う人も多いですね。

次ページ海外赴任の花形は・・・
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。