なぜタイで人気?意外な地方都市の「営業力」

人気なのは、有名観光地だけではなかった!

タイ人に人気の意外な日本の観光地とは?(写真はHISのブース)

11月6日~8日、日本政府観光局がタイ・バンコクで開催した『FIT(個人旅行)Travel Fair』。3日間で実に4万6000人以上のタイ人が来場し、前年比21%増の来場者数と大盛況となった。

今回で8回目となるこのイベントに日本から出展したのは、自治体や旅行会社など33団体。旅行会社や鉄道会社のブースでは、日本への航空券や日本で使うレール・パスなどまで販売していたが、飛ぶように売れていた。地図を手にやってきて、具体的な相談を始める人や、自分の観光ルートに追加したいと時刻表を見ながら予定を立てる人の姿もあった。

2013年に日本への来日に際しビザが不要になって以降、タイでも日本への旅行ブームが起きているが、ここまで盛り上がるのはそれだけが理由ではない。そこには、タイ人の心に響く旅行の切り口を見つけ出し、さらに現地まで足を運んで地道に「営業」をする、日本各地の地方自治体の姿があった。

札幌、函館から、星野リゾートトマムまで勢ぞろい

今回のイベントで、多くの人を集めていたのは雪の多い地域だ。11月の開催ということで、意識しているのは年末年始の長期休暇なのだろうか。会場の入り口やブースの装飾も、雪国メインの演出になっている。

会場の入り口には雪だるまが。常夏の国だけにタイ人の雪への憧れは強いようだ

常夏の国タイの首都・バンコクでは、1年で最も寒い時期の最低気温でも20℃前後。雪を見るために日本への旅行を計画する人も少なくない。

日本で雪を見る……と言ったら、やはり思い浮かぶのは北海道だろう。観光地としてのSapporoやHokkaidoという地名は、タイ人にも有名だ。

バンコクからの直行便が飛んでいる札幌市も、今回のイベントにブースを出展。観光企画課観光誘致・受け入れ担当の吉村有未さんは、増え続けるタイ人観光客を歓迎する。

次ページタイ人観光客が増えた理由
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。