アフリカ歴訪のローマ法王がホンダ車で登場、高級リムジンは拒否

アフリカ歴訪で高級リムジンは拒否

 11月26日、アフリカを初歴訪中のフランシスコ・ローマ法王はケニアの首都ナイロビ市内に高級リムジンではなく小型のホンダ車で登場。政治家や官僚の汚職にうんざりしている市民から大きな喝采を浴びた。25日撮影(2015年 ロイター/Gregory Olando)*写真を差し替えて再送します。

[ナイロビ 26日 ロイター] - アフリカを初歴訪中のフランシスコ・ローマ法王は、ケニアの首都ナイロビ市内に高級リムジンではなく小型のホンダ車で登場し、政治家や官僚の汚職にうんざりしている市民から大きな喝采を浴びた。

地元メディアの報道によると、ローマ法王が乗ったホンダ車の値段は、150万シリング(1万4700ドル、約180万円)だという。

アフリカでは、大統領が高級車を連ねてスラム街を走行することも珍しくない。ケニアのツイッターユーザーたちは、ローマ法王を称賛。ある人は「SUVやベンツに乗って到着した政治家たちが、ホンダに乗って来た法王の演説を聞くというのか。恥を知れ」とツイートした。

ローマ法王は、セキュリティーの問題について記者団から質問が出ると「私が心配しているのは、蚊だけだ」とジョークを飛ばしていた。

*11月27日に配信した記事で、写真を差し替え、本文の記述を明確にして再送します。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。