銃撃受けたシャルリー、最新号発行の舞台裏

14日発売号は300万部を販売

最新号の発行の前日の13日に記者会見を行ったシャルリー・エブド紙の編集長や風刺画家ら。最新号は通常の50倍に相当する300万部を発行する(ゲッティー・イメジーズ)

1月12日の夜9時10分頃、「シャルリー・エブド」紙のスタッフの間で笑い声と喝采が起こった。その後すぐに、皮肉っぽいが喜びにあふれた声が上がった。

「アッラーは偉大なり」。

スタッフが喝采を送っていたのはレナルド・ルジエ。彼は何度も試作を繰り返したのち、スタッフが完璧だと思う表紙を完成させた。この表紙はシャルリー・エブド紙史上で最も待ち望まれた、1月14日発行号に掲載される。

「われら表紙を決定したり」。トップの編集陣のひとり、ジェラール・ビヤールは間に合わせのニュースルームから笑顔で出てきながら、新しいローマ法王が発表されるときのフレーズをまねて言った。ビヤールによると、今号の表紙にぴったりの絵を見つけるために「われわれは『何を言いたいのか』『何を言うべきなのか』『どのように言うべきか』と自問した」という。ただし、「テーマについては、残念ながら迷う余地はなかった」。

左派系新聞社の会議室で作成

銃撃犯がシャルリー・エブドで12人を殺害してからわずか2日後の1月9日、厳重な警備の下、同紙の約25名のスタッフが左派系の日刊紙「リベラシオン」のオフィスに集まった。次号の編集作業を行うためだ。彼らはまだショックを受けていた。加えて、自分たちが長年あざ笑ってきた政治的、宗教的体制において、表現の自由を象徴する英雄になったことに混乱を感じていた。

編集者らは最新号の中身を秘密にしていたが、表紙は犯人グループらの矛盾を突くものとなるのでは、と見られていた。

最初の編集会議でまず語られたのは記事の企画ではなく、殺された同僚の思い出と負傷した仲間の近況だった。そして、マニュエル・バルス首相とフルール・ベルラン文化・通信大臣の突然の訪問もあった。「ル・モンド」(フランスの代表的な夕刊紙)よりも「ザ・オニオン」(パロディを中心としたアメリカのメディア)に近い新聞としては異例のことだ(また、同紙は政治家をインタビューするよりも、批判しそうな新聞でもある)。

次ページショックの中、続けられた編集作業
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。