VISAが始めたB2B決済は、どこまで便利なのか

銀行に出向く必要がなくなった

企業のウェブ資金決済で新たなサービスが続々登場している(写真:わたなべ りょう/PIXTA)

企業間の資金決済(B2B決済)を、ウェブ上でクレジットカードや立て替え払い(債権譲渡)の仕組みを使うことにより、効率化するサービスが注目されている。請求の手間や請求書の誤配送リスクを軽減するとともに、短時間での与信実施や代金の回収が確実になることが強みで、今後数年の間に大きく拡大する可能性を秘めている。

国際的な資金決済ネットワークVisa(ビザ)の日本法人は、クレジットカードを活用したB2B専用の資金決済システム「Visa Business Pay」を昨年4月にリリース。顧客がクレジットカード会社との間で加盟店契約を締結したうえでサービス登録すると、ウェブ上でのクレジットカード払いですべての請求・支払い業務が完結できるようにした。

銀行に出向く必要がなく送金手数料もかからない

画像を拡大
Visa Business Pay のウェブサイト

子どもの自発的な学習を支援するスタイルの塾をフランチャイズ展開で展開しているガウディア(横浜市)は、米国やシンガポール、インドネシア、台湾など海外11カ国・地域の提携先の学習塾に、独自開発した教材を提供している。

「送金手数料や代金回収の手間がかからない方法を探している中で、クレジットカード会社から薦められたのが、『Visa Business Pay』だった」(中山忠秋・法人コンサルティング事業部部長)という。

導入してみたところ、「銀行に出向いて海外送金の手続きをする必要がないので、とても便利だと、現地の学習塾から喜ばれている」と中山部長は説明する。

次ページ市場規模は500兆~600兆円
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。