北朝鮮、36年ぶりの党大会開催を決めた理由

金第1書記は経済運営に自信を深めている

10月28日、平壌に開設した巨大学術施設を視察する金正恩第1書記。経済運営に自信を深めているようだ(写真:KCNA/新華社/アフロ)

北朝鮮は10月30日、朝鮮労働党の党大会を2016年5月に開催すると発表した。開催されれば、36年ぶりの党大会開催になる。

朝鮮労働党の党大会は、同党規約で「党の最高指導機関」であり、5年に1回開催されることになっている。だが、1980年10月に開かれて以来、開催されていなかった。専門家からは同党創建70周年を迎えた今年に開催されるとの指摘もこれまで出ていたが、結局、翌2016年の開催となった。

党大会は1946年に第1回大会が開催されて以降、48、56、61、70、80年と不定期に開催されることが多かった。前回1980年の党大会では、「全社会の主体(チュチェ)思想化」が基本路線として採択され、故・金正日(キム・ジョンイル)総書記が実質的なナンバー2の地位に就いたことが内外に示された。また、1980年以降開催されてこなかったことについては、これまで何の説明もされていない。

経済状況厳しく党大会開催が延び延びに

前回1980年の党大会以降、北朝鮮を取り巻く国際的環境が激変したことが、長期間党大会が開催されなかった理由の一つ、と見ることができる。過去、金日成主席と金正日総書記は1980年以降、何回か党大会の開催について言及している。その言及において、焦点となるのは経済問題だった。

故・金日成(キム・イルソン)主席は1983年6月、労働党中央委員会第6期7回全員会議において、「軽工業発展に大きな力を植え付け、住民の消費・生産において一大転換をもたらすべきです。そうしてこそ、近い数年の間に住民生活をはるかに高め、党第7回大会を行うようにすべきです」と述べている。また同年、ペルーアメリカ人民革命同盟代表団との会談においても、「われわれは1985年まで社会主義経済建設の10大展望目標のうち、重要な高地を基本的に占領し、1986年にわが党第7回大会を開こうとしています」と発言している。

次ページ党大会開催で金正恩第1書記は何を目指す
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。