ラグビー、日本フィーバーは終わっていない

訪日客増加に繋げる大きなチャンス

アメリカ戦終了後、観衆の歓声に応える日本代表の選手たち(グロスターにて筆者撮影)

ラグビーW杯での日本代表の大活躍。大会そのものは10月31日まで続くが、日本では代表の帰国後、さらに大きなフィーバーが起きている。大会での代表の活躍を伝えるスポーツ関係の雑誌はほぼ完売の勢い、代表のレプリカジャージなど関連グッズはもはやどこを探しても入手できない。

従来のラグビーW杯では、日程が決勝トーナメントに入った途端に「寂しい思い」をして来たが、今回はかつて体験したことがない高揚感が続いている。

イギリスの小売統計が高い伸びを示した

一方、今年のロンドンの冬の到来は心なしか早い。ロンドン中心部にあるW杯公式グッズ店では、イングランド代表のグッズが山積み、半額に下げても誰も見向きもしない。ラグビー関連グッズを片付けて、さっさとクリスマス商戦に備える動きを見せているお店もある。

英国では10月22日、小売売上高統計が発表された。前月比1.9%増加と、およそ2年ぶりの高い伸びを示した。政府のコメントが揮っている。「ラグビーW杯のお祭り騒ぎが数字の伸びに大きく貢献した」。

今回の大会の盛り上げは、掛け値なしで日本代表の躍進が大きく寄与している。実はイングランドにもラグビーに興味がない層が随分といるのだが、テレビニュースで何度も流れた「体格が小柄な日本人たちがあの大柄な男たちを必死に止める姿」は皆の心を存分に揺さぶった。それが、英国民の購買意欲を刺激する結果になったようだ。

次ページ国外で高まる「ニッポン」への注目
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。