サンディスク、190億ドルでHDD大手の傘下に

ウエスタン・デジタルが買収

 10月21日、米ウエスタン・デジタルはサンディスクを190億ドルで買収する。写真はサンディスクのウルトラマイクロSDXCカード。3月3日にモバイル・ワールド・コングレスで撮影。(2015年 ロイター/Gustau Nacarino)

[21日 ロイター] - ハードディスクドライブ(HDD)製造の米ウエスタン・デジタル<WDC.O>は、半導体メモリー大手の米サンディスク<SNDK.O>を約190億ドルで買収すると発表した。スマートフォンなどに搭載されるフラッシュメモリーストレージ事業を強化する狙いがある。

1株当たりの買収額は86.50ドルで、これはサンディスクの前日終値に15%のプレミアムを上乗せした水準。

低価格の半導体に加え、ネット接続可能な機器に搭載する半導体への需要を背景に、業界では再編が加速している。

ウエスタン・デジタルがソリッド・ステート・ドライブ(SSD)市場で競争力を高めるには、サンディスクのNAND型フラッシュメモリー技術が必要だとみられている。SSDはクラウドコンピューティングやデータセンターのほか、スマホやラップトップに使われる。

買収完了には、サンディスクとフラッシュメモリー工場に共同投資する東芝<6502.T>の同意も必要となるが、ウエスタン・デジタルは東芝が支持する立場を示したとしている。

東芝は買収により、合弁事業の継続や自社の事業に悪影響が及ぶとは考えていないとした。

最終的な買収額は、中国政府系の清華ホールディングス[TSHUAA.UL]子会社によるウエスタン・デジタルへの投資により左右される。

買収前に投資が完了すれば、ウエスタン・デジタルはサンディスクに対し、1株当たり現金85.10ドル、およびウエスタン・デジタル株0.0176株を支払う。

投資が完了しない、または打ち切りなら、1株当たり現金67.50ドルと0.2387株を支払うとしている。

米国と中国が経済スパイ問題で対立する中、買収計画は米中双方の当局から厳しい審査を受ける見込みだ。

ウエスタン・デジタルは、買収完了後1年以内に実質利益の押し上げ効果を見込む。

米国株式市場で、ウエスタン・デジタル株価は0.3%上昇。

サンディスクは一時78.50ドルまで買われたが、買収提示額の86.50ドルを下回っている。ウェドブッシュ証券は、投資家は買収価格について52週高値の水準を見込んでいた可能性があるとしている。

サンディスクは昨年12月8日、52週高値の106.64ドルをつけた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。