ブラザー、英社買収1890億円は適正価格か

産業用印刷機メーカーに巨費を投じる狙い

名古屋市内にあるブラザー工業の本社。今回、英社買収に1890億円を投じることを決めた

同社史上最高額、売上高の4分の1に匹敵する買収金額は、はたして正解なのか――。

ブラザー工業は3月11日、英国の産業用印刷機器メーカー、ドミノ・プリンティング・サイエンシズを買収すると発表した。すでにドミノ社の全取締役の賛同を得ており、今後は英国法の買収手続きにのっとって、同社株主の決議と英国裁判所の承認を得ていくという。

ドミノ社は1978年の創業。ペットボトルや医薬品の包装、金属や樹脂の部品などに賞味期限やロット番号、製造所記号などを印字する「コーディング・マーキング」という分野のほか、商品パッケージへのデジタル印刷などの機器・サービスを世界的に展開している。

2014年10月期の売上高は約3.5億ポンド(約640億円)、営業利益が約5600万ポンド(約102億円)。ドミノ社を傘下に加えることで、ブラザーは産業用印刷事業やデジタル印刷に進出。中長期目標として掲げる売上高1兆円に一歩近づくことになる(2015年3月期は7100億円見込み)。

発表翌日の株価は反落

画像を拡大
ドミノ社は部品などに番号を印字する「コーディング・マーキング」に強みを持つ

ただ、買収を発表した翌12日、ブラザーの株価は前日比5.7%減と反落。日経平均株価が約15年ぶりの高値を更新する中、東証1部銘柄では3番目の値下がり率となった。株式市場が厳しい評価を下した理由は買収価格だ。

買収総額は約10.3億ポンド(約1890億円)。資金は手元の現金と金融機関からの借り入れによって充当する。ブラザーは2016年3月期を最終年度とした中期計画の中で、成長戦略のM&A投資枠として1500億円を用意していたが、それを上回る大型投資となる。

次ページブラザーはどんな成長の画を描くのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。