男の子の育児には、もっと「父の力」が必要だ

「しからない育児」には限界がある

男の子は、真っすぐで純粋です(写真 : romrodinka / PIXTA)
元保育士で、NHK Eテレ『すくすく子育て』をはじめ、テレビや新聞、雑誌などでも活躍中の小崎恭弘さんは、お母さんたちからよく、こんなぼやきの声を聞くそうです。
「うちの子は、本当に言うことを聞かない」
「落ち着きがないから、叱ってばかり」
「やさしく言い聞かせるのではダメなんでしょうか?」
この記事では前回に続き、著書の最新刊『うちの息子ってヘンですか?』から、男子育児の「しんどさ」を解消する秘訣を紹介します。もし、あなたの奥さんが息子に手を焼いているのなら、次のことを伝えてみてはいかがでしょうか?

男の子はただただ「純粋」

遊ぶのも、おしっこも、着替えるのも全力です。そして、嫌がるのも、抵抗するのも全力です。ちっちゃい体で、その持てるパワーの全部を出し切って挑んでいきます。

前回記事では、男の子のダメな部分や、おもしろおかしい面を取り上げてきました。具体的には、

● ビー玉と鼻の穴、どちらが大きいのか比べたくなり、鼻の穴に入れて取れなくなる

● おじさんからおこづかいに100円玉をもらったのがうれしくて、兄弟に見せびらかしたのち、取られるのが嫌だから飲み込む

● おしっこはどこまで飛ばすことができるのか、試してみたくなり、おしっこしながら便器から離れていき、トイレ中をおしっこまみれにする

……というのはうちの子の実話ですが、こうした親からみると謎の行動と、子どもがそうする理由、背景についてご紹介しました。

ダンゴムシを集めるときの真剣なまなざし、動きの素早さ、そしてひたむきさ。これらは集中力のなせるワザ。でも、先に断っておきますが、勉強に発揮されるケースは少ないですよ

今回の記事ではすこし見方を変えて、男の子のすてきなところを見てみましょう。

うちの息子のいいところ、そんなものはひとつも思い浮かばない……? いえいえ、そんなはずはないですよ。一緒に生活していると、なんだかダメなところや、怒るポイントばかりに目が行きがちですが、息子のいいところはいっぱいあるはずです。きっと。

僕が思うに、男の子全般に当てはまるすてきな点、それは「純粋」というところでしょう。男の子は真っすぐですよね。動きも発言も、そして性格も。最短距離で動くし、嫌なことは「イヤー!」と口にするし、興味のあるものにはすぐに食いつきます。迷いがありません。見ていて気持ちがいいほどです。

次ページ実は、周囲の期待を感じ、応じようと頑張っている
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。