米GAPが格安ブランドを日本投入

真の狙いは中国攻略

米GAPが格安ブランドを日本投入、真の狙いは中国攻略

米アパレルのGAP(ギャップ)が展開する低価格ブランド「Old Navy(オールド ネイビー)」が日本に上陸する。4月に東京・台場に開業する商業施設「ダイバーシティ東京」に出店、夏以降に営業を始める予定だ。オールド ネイビーの海外進出は日本が初となる。

1994年に誕生した同ブランドは、社名を冠した看板ブランド「GAP」の半額近い価格でベーシックな衣料を販売し、人気に火がついた。今や北米ではGAPの売り上げを上回る稼ぎ頭となっている。ギャップジャパンは「日本のアパレル市場は低価格衣料のシェアが伸びており、成長の余地がある」と出店の意図を説明する。

成長続くファストファッション業界の中で、実はギャップの経営状況は厳しい。売り上げは2004年1月期をピークに右肩下がり。10年1月期こそわずかに増収となったが、売り上げの8割を占めるおひざ元の北米で苦戦している。GAPの販売が低迷していることが要因だ。昨年10月には北米にあるGAPの店舗を2割削減すると発表している。

成長を続けてきたオールド ネイビーも09年に店舗数が初めて減少。売り上げも前年を下回り、成長に陰りが見えてきた。海外への進出は必然といえる。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
最強コスパで選ぶ保険

保険料というコスト、保障というパフォーマンス。2つのバランスを考えたコストパフォーマンス・ランキングでわかる最強の保険選び。注目の新商品から保険見直しの裏技まで紹介。