グーグル、検索結果に「動画広告」を実装か

情報筋が明かす

グーグルは検索画面に動画広告を挿入するテストの最中だという
この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:インフォバーン)の提供記事です

動画広告がトレンドとなっているなか、グーグルも検索と動画広告の融合を模索している。

グーグルの商品開発ロードマップに詳しい複数の情報筋によると、同社は検索画面に動画広告を挿入するテストの最中だという。そのテストは部分的に実施されており、グーグルと広告業界の間で話し合いが行われているようだ。

グーグルの検索広告が発展するうえで、動画広告は次のステップとなる。もともとはシンプルなリンクとして始まった検索広告だが、写真などほかのメディアフォーマットが追加されてきた。

「かつての検索の定義が頭から覆されようとしています」と、あるデジタルマーケティング企業の取締役は話す。「グーグルがやっと3行広告から離れ始めました。動画広告がモバイル、フェイスブックやYouTubeを乗っ取り、現在グーグルはどうやって検索画面に動画広告を融合させるかを考えています」

同様の動きを見せる、検索サービス各社

しかし、検索画面の動画広告に興味があるのはグーグルだけではない。ヤフーも独自のバージョンを開発しており、マイクロソフトのBingも「Rich Ads」を売り出している。

「『Rich ads』は、広告主が見込み顧客と、検索結果画面で深くエンゲージするには本当に効率的だ。動画広告の質を高めることで、キャンペーンやブランドの資産を拡張できるうえに、高いコンバージョン率を還元することができる」と、マイクロソフトの検索広告グループのマーケティング・ディレクターであるジョン・コスレー氏は、メール取材で応えた。

次ページジョン・コスレー氏の回答とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。