最新!「障害者雇用率ランキング」トップ100

エフピコ16%でダントツ、良品計画が大幅増

エフピコの関東リサイクル工場(撮影:風間 仁一郎)

毎年9月は障害者雇用支援月間。当事者だけでなく幅広く国民全体で障害者雇用について考えていくことが期待されている。

東洋経済はこの時期に合わせて障害者雇用率ランキングを毎年公表している。今回は『CSR企業総覧』2015年版掲載1305社の中から、2013年度で障害者を5人以上雇用している843社を対象に作成した。早速、上位企業を見ていこう。

1位は昨年に引き続き食品トレーや弁当・総菜容器最大手のエフピコ。ダックス、ダックス四国といった特例子会社を持ち、障害者雇用率は16.00%とダントツ。人数も372人と多い。2011年度16.30%(同370人、以下同様)、2012年度16.10%(369人)と圧倒的な水準を維持している。

エフピコは、市場から回収した使用済み容器の選別工場、折箱容器の生産工場を中心に、全国23カ所の事業所で障害者を雇用。リサイクルペレットの品質向上など障害者雇用と環境問題の改善を一体化した事業として展開する。回収した容器やPETボトルはエコマーク認定の「エコトレー」「エコAPET」再生容器としてリサイクルを進める。

アイエスエフネットが11.5%で2位に食い込む

2位は未上場のアイエスエフネット。雇用率は11.52%で335人を雇用する。2020年までに1000人への拡大も目指す。特例子会社のアイエスエフネットハーモニーでは、障害者の活躍の場を拡大するために「匠カフェ」というカフェでの職場作りを進める。

「会社は社会の縮図であるべき」という考えの下、性別、障害の有無、国籍等の社員の割合を社会と同じにすることを目標に掲げ、障害者も含めた多様性の実現に取り組んでいる。

3位はヒューリックの6.92%(11人)。ダイレクトメール発送等の業務を行う「ヒューリック杉並オフィス」で障害者を雇用する。2013年度は新規採用を行い、2011年度5.66%(6人)、2012年度5.30%(6人)から比率を上げた。

4位は自動車向けなどの超硬工具メーカー上位ダイジェット工業の6.50%(20人)。2011年度7.11%(21人)、2012年度6.75%(21人)と高い水準を維持している。

以下、5位エイベックス・グループ・ホールディングス5.92%(20人)、6位リヒトラブ4.54%(11人)、7位極東開発工業4.21%(29人)、8位ツムラ3.75%(104人)と続く。

次ページ続いて51~100位
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-
Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
「ポケモンGO」ブームでも<br>やがて寂しき任天堂

「岩田さんが泣いている」。岩田聡・前社長の急逝から1年。業績貢献なき危険なゲームに疑問の声。次世代機「NX」の準備段階で明らかになる業界での孤立。任天堂は復活できるのか。

  • 新刊
  • ランキング