「詳細未定」というプロジェクトはしょっぱい

なぜか締め切りと工数だけはガッチリ決定

10月といえば、3月決算会社の後半が始まる月。その10月を前にして9月から10月にかけて人事異動がある会社はたくさんあると思います。

課長が神妙な顔つきでぼへちゃんのところに近づいてきました。どうやら人事異動の内示のようです。

課長が力をこめて話し始めましたよ。

「ぼへ君の腕をみこんで、ぜひ10月から新しいプロジェクトをお願いしたい」「これまでのキミの働きを見て僕が強く推した人事なんだ」

・・・なんか、おかしいですねえ。やたらもちあげる場合は、だいたいキナ臭いときが多いですよね。

「何のプロジェクトでしょう?」

「リリースは1月末にきまっていて、あ、メンバーは君いれて3人だから」

「えええ?何をつくるんですか?」

「それをぼへ君がこれからお客さんと決めるんじゃ無いか。これは君の腕をみこんで、是非おねがいしたいんだ」

出ました・・・。締め切りと工数だけは決まっているけど、何をやるのかがよくわからないプロジェクト。だいたい中身がわからないのに、なんで、リリース日だけ決まってるんですか、課長!(怒)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。