「詳細未定」というプロジェクトはしょっぱい

なぜか締め切りと工数だけはガッチリ決定

10月といえば、3月決算会社の後半が始まる月。その10月を前にして9月から10月にかけて人事異動がある会社はたくさんあると思います。

課長が神妙な顔つきでぼへちゃんのところに近づいてきました。どうやら人事異動の内示のようです。

課長が力をこめて話し始めましたよ。

「ぼへ君の腕をみこんで、ぜひ10月から新しいプロジェクトをお願いしたい」「これまでのキミの働きを見て僕が強く推した人事なんだ」

・・・なんか、おかしいですねえ。やたらもちあげる場合は、だいたいキナ臭いときが多いですよね。

「何のプロジェクトでしょう?」

「リリースは1月末にきまっていて、あ、メンバーは君いれて3人だから」

「えええ?何をつくるんですか?」

「それをぼへ君がこれからお客さんと決めるんじゃ無いか。これは君の腕をみこんで、是非おねがいしたいんだ」

出ました・・・。締め切りと工数だけは決まっているけど、何をやるのかがよくわからないプロジェクト。だいたい中身がわからないのに、なんで、リリース日だけ決まってるんですか、課長!(怒)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。