日本株は「米国利上げ見送り」なら上がるのか

市場は「中国リスク」を過小評価している

人々を威圧するように立つ中国の高層マンション。最近は食料品のデリバリーなどサービス面をウリにする業者も多いが、販売の実態はどうなのか(写真:ロイター/アフロ)

「上値の重さを再確認」。これがFOMC(米連邦公開市場委員会)を控えた16日の日本株の印象である。日経平均株価の終値は確かに1万8171円と前日比145円上昇した。だが騰落レシオ低下や高水準の空売り比率を背景に、買い戻し主導での自律反発にとどまった。もちろん、18日未明に発表されるFOMCでの政策決定への関心が高まっているわけだが、それ以上に重要なポイントがある。

顕在化しつつある中国リスク

FRB(米連邦準備制度理事会)がどんな政策決定を行うのか、市場の関心は一点に絞られたかのようだ。しかし、今回のFOMC以上に影響が大きいのは、むしろ中国の実態ではないだろうか。

思い起こせば、サブプライムショックの際は、ベア・スターンズがつぶれ、その後のリーマンショック(2008年)によって、暴落相場に発展した。しかし、2007年初めの時点では、このような惨事になるとはほとんど誰も予想できなかった。

大きな調整が起きる際には、必ずその原因が存在する。中国が悪い経済統計を隠すこともせず出し始めているのはなぜだろうか。「もう隠し切れない」と考えたのか。

いずれにしても、中国の景況感は相当悪い。この点を過小評価すると足元をすくわれるかもしれない。特に不動産業界の停滞は深刻なのではないか。住宅販売は増えているが、北京などの大都市が中心であり、地方都市での販売の実態はよくよく注意する必要がある。

というのも、8月のセメント生産量は前年同月比で4.2%減、平面ガラスは同12.1%減、粗鋼は同3.5%減となっており、これらの数値から見ても不動産開発の低迷が推測できるからだ。

不動産業界の不振を補うため、政府は鉄道など公共投資の拡大で需要喚起を図っているが、十分な効果は上がっていないもうようだ。

次ページ米エネルギー企業は本当に大丈夫なのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。