米FOMC後の日経平均の高値と安値は?

日本株はテクニカル面で見るとどうなるか

日銀は金融政策の現状維持を決定。18日未明に発表されるFOMC(米連邦公開市場委員会)後、日本株はどうなるのか(ロイター/アフロ)

9月上旬に乱高下を繰り返していた日本株も、足元では少しずつ落ち着きを取り戻しつつある。14~15日に開催された日銀金融政策決定会合での金融政策は現状維持となったが、日経平均株価は前日比で60円高の1万8026円と、心理的な節目の1万8000円を最終的には割らずに引けた。

1989年以降、5カ月連続安の相場は3回のみ

ここからの最大の焦点は、日本時間18日未明に公表になるFOMC(米連邦公開市場委員会)の結果だ。果たして9年ぶりの利上げとなるのか、金利据え置きとなるのか。その結果を受けて、日本株は落ちつきを取り戻す下値固めとなるのか。それとも再び波乱となるのか。多くの市場参加者は頭を悩ませている。

だが「日本株の季節性」などからみると、「秋の底入れ時期」も近づきつつあると言えそうだ。ここから年末に向けてどう動くのか、需給面からの見通しを探ってみた。

実は平成(1989年)以降の日経平均株価を振り返ると、5ヵ月超の連続安になったのは3回のみだ。ITバブル崩壊をひきずった2001年5~9月、米企業の不正会計に揺れた2002年6~10月、リーマンショックの前後2008年6~11月が挙げられる。今回の相場は5カ月連続で下落しているわけではなく、今のところ、これら3回ほどではないとも言える。

こうして見ると、いずれも秋にいったん下げ止まりや底入れとなる、「日本株の季節性」がみえてくる。これは結局のところ米株市場における「クリスマスラリー」(年末商戦効果による株高)が、日本株の押し上げに少なからず影響を与えているといえそうだ。

次ページ今年の高値は2万0868円でこのまま確定か?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。