今なら入れる?外資系企業はここが「穴場」だ

年収3000万円も夢じゃない!

こんにちは、ずんずんです。

ジャパンから景気回復のパルスを感じる今日この頃、皆さまどうお過ごしでしょうか。

転職市場も活況のようで、先日、私にも登録している転職サイトから、

「急募! 某青い色をした銀行! 最大年収1千万円まで!」

みたいなメールが来ていたのですが、なにこれ? バナナのたたき売り?

この会社の中ではいったい何が起こっているのか気になります。

外資系にもビッグウェーブが!

上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。
 
ブログもがんばって更新中!よかったら見てみてね☆

日系企業でもこんな魅力的な求人があるわけですが、外資系企業の方はどうなのかと、ちょっと探してみれば……おぉ……あるある……。

年収1千万円どころか、職種によっては年収2千万、3千万円の仕事がごろごろと……。

こちらはスイカ売りのようです。

数年前はこんな求人は皆無だったので、顕著な人の動きを感じます。

こんな風な求人が出てくると、

外資系に転職したい!

と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも英語が出来ない……競争率が激しそう……

と、尻込みしていませんか?

ご安心を!

日系企業に比べれば転職者に対する門戸も広い外資系、意外と入れる外資系企業だってあるんです。

留学経験のない、TOEIC何それ食べれるの? そんなあなたも大丈夫!

乗ろうぜ! このビックウェーブ!

ちょっとあおりすぎましたが、さっそく見ていきましょう~。

次ページ転職しやすのは、あの業種
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。