米雇用統計後の日本株はどこで下げ止まるか

鯨の実態は金魚!?市場から消えた3つの「夢」

4日の米雇用統計後のNYダウは272ドル安。7日以降、クジラも「救えなかった」日本株はどうなる(写真:Natsuki Sakai/アフロ)

筆者はこれまで、日経平均が1万8000円を割れると予想してきたが、残念ながら的中してしまった(前回8月23日のコラム「日経平均、現実味を増す『1万8000円割れ』などを参照)。ただ、当コラムの読者は、下げ相場に的確に対応したのではないかと安堵している。

消え去った3つの根拠なき「夢」

前回のコラム直後に、日経平均はザラ場ベースで1万7714円(8月26日)、終値ベースでは1万7806円(8月25日)の安値を付けたこともあり、筆者は「いったんは調整が完了したか」と考えた。しかし、内外投資家の間に不安心理が残り、9月4日はザラ場安値1万7608円、終値1万7792円と、わずかではあるが安値を更新して週を終えている。

1万8000円割れまで下落した要因は、以下のような3つの根拠なき「夢」が破れ、消え去ったからだ。しかし夢破れた後は、「緩やかではあるが改善する日米等の経済実態」という、地道な現実に足が届きそうだ。今後、株式市況は徐々に手探りで、底値形成から持ち直しへの道を探るだろう。

次ページ3つの根拠なき「夢」とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。