日経平均、現実味を増す「1万8000円割れ」

世界同時株安は「割高修正への一歩」に過ぎず

「日本株だけは逆行高」という根拠は乏しい。日経平均は1万9000円割れどころか、1万8000円も危なくなるというのが筆者の予想だ。日本株はどこで下げ止まるのか(花火/PIXTA)

日本株下落の本当の要因は何か

筆者は「根拠なき日本株の上昇」に対しては、忍耐強く警告を発してきた。

特に日経平均株価が2万0800円を再び突破した7月21日の直後のコラムでは、こうした見せかけの上昇は「ブルトラップ」(強気筋の投資家が、株価がもっと上がると誤解して高値づかみをしてしまう、心理的ワナ)だと述べた(7月26日配信の「米国株の『本格下落』が、いよいよ始まった」)。

このコラムでは、6月23日(火)~25日(木)、7月21日(火)がブルトラップだと指摘したが、結局8月10日(月)~11日(火)の上昇も、この2万0800円超のワナに加わった。当コラムの読者は、筆者の警告を踏まえ、「3度のワナ」を見抜いてくださったのではないか。

筆者が、2万0800円超えの日経平均の動きを「根拠なき上昇」と述べた背景には、中国、米国、そして日本において「3つの悪化の潮流」がある。まずは中国から一つ一つ見て行こう。

次ページ中国・米国・日本の「悪化の潮流」とは
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。