私が「バブル相場は続く」と考える7つの理由

人民元切り下げでも強かった日経平均

「戦後70年談話」を発表する安倍首相。賛否両論あってもマーケットとしては「無難に通過」でプラス材料だ(写真:新華社/アフロ)

人民元切り下げでも、日経平均の下落は205円のみ

先週の日本株は、8月10日の月曜日から目先の高値を抜けたことで、一気に上値トライと思われた。11日はTOPIX(東証株価指数)が、年初来高値をとった。だがまさにその11日から、突然中国の人民元切り下げが3日連続で行われ、波乱の週となった。

オプションSQ(特別清算指数)の算出と重なったことも、振れを大きくしたといえそうだ。とにかく売り方(「売り」で儲けようという勢力)は、ここぞとばかりに攻勢をかけ、俗にいう「荒れるSQの水曜日」の12日には、空売り比率が39.2%という過去最高値を記録した。その結果、日経平均株価で言えば、前の週末金曜日7日の2万0724円から先週末の2万0519円まで、205円の水準切り下げとなった。

しかし、逆に言えば、日経平均はこの大きな不透明感を伴ったサプライズと、それに乗じた売り方の大攻勢にさらされたなかで、200円強しか下がらなかった。このことは、日銀主導の「下がらない相場」が続いていることを、かえって印象付けたと言えまいか。

今後、2万円割れ、あるいは1万8000円台までの調整を予測する筋が満足するための材料は、いったいなんだろうかと考える。何が起きるかわからないのが相場だが、筆者には、安倍政権の突然の崩壊くらいしか思いつかない。

次ページ大相場の条件は着々と整っている
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。