爆買い需要に乗る「中国版ツイッター」の正体

「微博(ウェイボー)」の現場トップを直撃

微博(ウェイボー)のビジネスを取り仕切る王高飛氏。日本での市場攻略にも言葉に力がこもる

今や、中国人による”爆買い”が、話題にならない日はない。

7月31日に観光庁が発表した「訪日外国人消費動向調査」によれば、2015年4~6月期の訪日外国人による旅行消費額は、8887億円と、6四半期連続で最高値を更新した。牽引しているのは中国人による消費。8887億円のうち、中国人による旅行消費額は40.3%と、2位で16.5%の台湾人を大きく引き離す。1人当たりの消費額も群を抜いており、中国人の1人当たり消費額は28.5万円と、やはり2位で18.1万円の米国人を上回り、ダントツである。

爆買いする訪日中国人もよく利用しているのが、”中国版ツイッター”として有名な「微博(ウェイボー)」だ。微博は2010年にスタートし、2014年末時点で1.75億人の月間ユーザーを擁する、SNSの大手である。今回、主席執行官として実務を取り仕切る王高飛氏が来日、東洋経済の単独インタビューに応じた。爆買い需要を自らのビジネスにどうつなげようとしているのか。その狙いについて聞いた。

大手だけでなく中小とも手を握る

――今回、日本を訪れた目的は。

市場の可能性を確かめ、営業戦略のパートナーとなる、日本企業を探すためだ。日本では大手広告代理店を訪れたことがあったが、戦略上のパートナーを探しにきたのは、今回が初めて。今後は日本法人を設立することも検討している。微博はツイッターに似たサービスだが、インバウンド(訪日外国人)需要が高まる中、日本企業の中国に向けた様々な宣伝活動に生かせるはず。日本企業には、微博を窓口に、中国により正確な情報を伝えるメリットがあると考えている。

――日本で微博をどのように展開するのか。

微博の企業アカウントは、全体で80万~100万件あるが、日本企業は約5000社と、まだまだ少ないのが現状だ。もちろん、トヨタ自動車など中国に拠点を持つ日本の大企業は、微博のアカウントを持っているが、今後はまだ中国に進出していない中小企業にも、微博を広めていきたい。今回は、大企業の幹部と会うのに加え、中小企業を含むより広い層の熱気や意欲を肌で感じたうえで、日本での今後の展開方針を考えたい、という目的で訪日した。

次ページ大株主はあのアリババ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。