外資系社長が伝授する英語スピーチの心構え

文法の間違いを気にする必要はない

レノボ・ジャパン社長の留目真伸さんとの対談3回目。英語を話す際の心構えや、スピーチや雑談について伺いました。

レノボ・ジャパン社長の留目真伸さんにご登場いただくのもこれで3回目。今回は、英語を話す際の心構えをじっくり伺いました。スピーチや雑談の時にどう話を展開していくのかについても教えてもらっています。ぜひ参考にしてみてください!

1回目:「話せなくても英語の仕事を引き受けろ!

2回目:「英語を口にする心理的壁を乗り越えるには?

 

鉄則その4:細かい文法は気にせずしゃべる!

安河内: 肝心のスピーキングについてさらに詳しくお話を聞かせてください。まず、日本の英語学習者の多くが感じることだと思うんですが、最初に英語で話すときって、照れませんでしたか? いくら仕事で使うといっても。

留目:まあ、照れますよね。

安河内:その照れとか恥ずかしさ、わざとらしいと感じるような点については、メンタル的にどうやって克服したんですか?

留目:仕事で使わないといけなかったので、そうそう照れてばかりもいられなかった。だから「文法が多少間違っていても、伝えていかないと話にならない」と割り切るようにしていました。

安河内:文法は少しばかり間違えてもいいから、伝えることを第一に考えろということか。これもまた、大切な鉄則ですね。

次ページ仕事を通じてわかったこと
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。